Facebook 名誉院長ブログ

がん化学療法の進歩と課題

2012年03月03日(土)


がん化学療法の進歩と課題 ー医科歯科連携を含めてー
内容 がん患者の歯科治療における留意点と最近のがん治療について
講師  元雄良治先生
     金沢医科大学腫瘍内科学講座教授
     集学的がん治療センター長
日時  平成24年3月3日(土) 午後6時
場所  ホテル日航金沢
主催  河北歯科医師会  

メモ
1.集学的治療の中の化学療法の役割
 ①腫瘍内科学とは、
  ・がん患者を全身的にケアする臨床医学領域
       参考)局所制御領域(腫瘍外科学、腫瘍放射線医学)
    ・臨床現場では
    全身療法としての化学療法(がん薬物療法)を専門とする診療科
    緩和ケアにも取り組む
 ②集学的がん治療センター
  ・様々な科と連携し、最良の治療を目指す
集学的がん治療センター1 集学的がん治療センター2

 ③例えば、乳がん治療
  ・診断
    病理学的検査(免疫染色法)病変の確定診断や治療適応決定に有用
     エストロゲンレセプター陽性であれば、ホルモン療法
     HER-2陽性であれば、分子標的治療(ヒト化モノクローナル抗体)
  ・基本的な流れ

乳がん治療1 免疫染色法 乳がん治療2 

2.化学療法の最近の話題
 ①ホルモン療法
  ・メカニズム
  ・副作用
ホルモン療法1 ホルモン療法2

 ②抗がん剤
  ・作用の仕組み
  ・副作用とその対処
  ・肝がんにおける著効例
  ・生存期間の延長
  ・大腸がんではキードラックを使い切ることが重要
  ・通院による化学療法
     抗がん剤治療開始後10~12日が底になる(ナディアと呼ぶ)
     好中球500になる人もいる
抗がん剤1 抗がん剤2 抗がん剤3 抗がん剤4 抗がん剤5 抗がん剤6

 ③分子標的治療 
  ・抗がん剤は空中散布のようなもの、分子標的治療は特定の標的に作用する
  ・作用機序
    モノクローナル抗体 分子が大きく細胞膜を通過しない
    低分子化合物  細胞膜を通過し細胞内で働く
  ・分子標的薬剤の一般名
    -mab    -nib が多い
  ・分子標的治療薬の変遷、展望
    高分子は、マウス抗体からヒト抗体
    低分子は組み合わせへ

分子標的治療1 分子標的治療2 分子標的治療3 分子標的治療4

3.骨転移治療の最近の話題
 ①骨転移の部位
 ②原発臓器別にみた骨転移頻度
     大腸などは頻度が少なくても、総数が多いのでよく見られる
骨転移の部位 原発臓器別にみた骨転移頻度1 原発臓器別にみた骨転移頻度2

 ③骨転移の分類(タイプ)
   ・病理学的分類
     溶骨型、造骨型、混合型、骨梁間型
   ・臨床分類
     溶骨型、造骨型、混合型
 ④骨転移が増加する要因
     ・治療法の進歩によるがん患者の生存率向上
      ・がん罹患者数の増加
   ・画像診断機器の進化(PET/CT、whole body MRI)
     骨シンチでは分からなかった骨転移がPET/CTで明らかになる
画像診断機器の進化1 画像診断機器の進化2

 ⑤骨転移の治療法
   ・従来の治療法
     QOL確保を目的(局所療法):放射線治療、手術療法  
     鎮痛剤
     抗腫瘍効果を目的(全身療法):化学療法、ホルモン療法
   ・新規治療法
     ビスフォスフォネート(ゾメタ)
     デノスマブ(ランマーク」
     Sr89(メタストロン」

4.顎骨壊死について
   医科歯科連携を含めて
 ①発症メカニズム
 ②頻度
 ③歯科治療と一時的休薬

発症メカニズム 頻度

がん患者を支える口腔管理の最新記事