Facebook 名誉院長ブログ

他職種連携

キシロカインのアレルギーではありませんか?

2003年07月30日(水)

 昭和28年生まれの女性患者です。平成5年に胃カメラの検査を受けたときに、耳の後ろがかゆくなり、その直後から全身に蕁麻疹がでて、お腹が痛くなり、吐き気が3回ほどあり、悪寒戦慄があり、胃腸科でいろいろ処置後、中央病院で様子を見て軽快しました。原因は分かりませんでした。次の朝には蕁麻疹は治っていました。 続きを読む

抗凝固剤投与中の患者さんの抜歯

2009年04月09日(木)

 最近小児用バファリンなどの抗凝固剤を中止せずに抜歯することが増えてきている。歯肉のダメージをできるだけ少なくなるように抜歯したり、縫合をしっかりするなど注意をしている。しかし、薬剤の違いや投与量、抜歯難易度、抜歯対象歯周囲歯肉の状態などについて今後検討すべきと思う。
 抜歯のときに休薬する医師、歯科医師もいるが、INR2.5未満であれば内服を継続したまま抜歯は可能である。また出血しても目に見える場所なので、とにかく圧迫していれば必ず止まる。 続きを読む

抜歯後に骨が露出

2009年04月07日(火)

 歯を抜いた後、傷が治らなかったり骨が露出する報告が増えています。骨粗鬆症などの治療薬を飲んでいることが原因と考えられます。また、歯ブラシの傷から起きることも報告されています。
 注意が必要。骨粗鬆症の薬と口の中とは関係ないとの自己判断は禁物。歯科医院に通院する場合は必ず飲んでいる薬を報告し、主治医に相談してください。 続きを読む

保育士会からの依頼

2009年08月06日(木)

保育士会から依頼2  健全な子ども達の成長を願う内灘町保育士会から、保育所(園)職員研修の講師依頼があり、引き受けてから1ヶ月間、パワーポイントやレジュメなどの準備に取り組んだ。
2009年8月6日(木)午後7時30分から9時00分まで、内灘町町民ホールに於いて「乳幼児期における食育、歯科保健指導のポイントを学ぶ」というタイトルでお話をした。幼児期に見られる口腔周囲の形態的変化や機能的な問題点を指摘し、次に、口腔機能の獲得について順を追って説明した。とくに、食べる時、飲み込む時に口唇を閉じることと正しい姿勢の重要性を強調した。 続きを読む

第11回 日本摂食嚥下障害看護研究会

2017年06月25日(日)

第11回金沢大会ポスターメモ
A.よくわかる摂食嚥下のメカニズム
    山田好秋先生(東京歯科大学短期大学教授/新潟大学名誉教授)
 1.食べる動作に全て脳が関わる
  ①摂食嚥下の流れ
      ・動機  :食欲(本能・情動)
      ・食物認知:経験・記憶・環境(認知期)
      ・口への取り込み(随意運動)
      ・食物粉砕(咀嚼期)   舌が重要
      ・嚥下(口腔・咽頭期)  誤嚥の危険性、口腔ケアの必要性
      ・蠕動(食道期)
      ・消化・吸収

 *それぞれに感覚機能、脳、運動機能がどう関わっているかを考える
 *口腔内では視覚は使えなくなる→口腔内は様々な感覚が備わっている
    嚥下可能な物性
    食の安全性(科学的・物理的)
           参考に 人の脳は視覚から90%近くの情報を得ている
kojima-dental-office.net/blog/20170315-7210#more-7210
 *嫌いな食べ物は我慢して口に入れても飲み込まない (情動)
     美味しいことが大切

 2.行動の発現とその制御機構
  ①大脳皮質
    咀嚼中枢、嚥下中枢、呼吸中枢を統合する
    覚醒していることが大切
    三叉神経は覚醒の強力な入力(感覚)情報源
  ②大脳基底核
    サポートする運動を支えている(目的とする運動の対比語)
       姿勢を立て直すには足底が大切
    パーキンソン病では障害が起きる
  ③神経核支配が片側性か両側性か
    両側性    咬筋(三叉神経)  両側の麻痺で咀嚼障害
    片側性  舌                  片側のみの麻痺
www.sahanaya.org/noushukketu4.html

B.医療訴訟について 「食べる行為での医療訴訟をどう回避するか」
    弁護士 長澤裕子先生(金沢弁護士会所属)
 1.総論
  ①原告側の知りたいことが明らかになれば訴訟にはならない
  ②リスクのある方にトラブルが起きた場合
    ・生の事実を明らかにする
    ・予見回避と結果回避義務違反の観点から過失(法的責任)が問われる
         時系列の具体的な対応とコア部分の記載
         立場(職種)と関わり度
 2.窒息裁判事例
    ①おにぎりの誤嚥
www.doctor-agent.com/Knowledge-Support/Medical-Malpractice-Law-Reports/Vol073
  ②1 審判決の誤嚥の危険性予見困難から高裁の困難ではない判決
www.wam.go.jp/content/wamnet/pcpub/top/fukushiiryokeiei/saibanrei/sabanrei027.html

  ③事例多数

『地道にコツコツ、一歩ずつ』
  -口から食べることを支える一員として私たちができること -

日  時:平成29年6月24日(土)10:00~ 6月25日(日)13:30予定
会  場:石川県立音楽堂 邦楽ホール
参加費 :会員:3000円 非会員3500円
参加申込:下記アドレスから
cn-shokunin.com/mysite2/index2.html
大会長 :小利池澄子(金沢医科大学)

プログラム
 6月24日 (土)
 15時15分~17時15分 
  特別講演 「よくわかる摂食嚥下のメカニズム」
         山田好秋先生(東京歯科大学 歯学部教授/新潟大学名誉教授)

 6月25日  (日)
 9時30分~ 10時30分
  モーニングセミナー 「これからの認定看護師に求められるもの」
    浅田美江先生(愛知県看護協会 摂食嚥下障害看護認定師教育課程 主任教員)
 12時00分~13時00分
  医療訴訟について 「食べる行為での医療訴訟をどう回避するか」
    弁護士 長澤裕子先生(金沢弁護士会所属)

本部事務局
 愛知県がんセンター中央病院
  〒464-8681 愛知県名古屋市千種区鹿子殿1‐1
  TEL 052‐764‐2953
  e-mail haoyama@aichi-cc.jp

鶴ヶ丘小学校就学時健診時の歯科指導2016

2016年10月06日(木)

%e9%b6%b4%e3%83%b6%e4%b8%98%e5%b0%8f%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e5%b0%b1%e5%ad%a6%e6%99%82%e5%81%a5%e8%a8%ba%e6%99%82%e3%81%ae%e6%ad%af%e7%a7%91%e6%8c%87%e5%b0%8e%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%96%e2%91%a0 10月6日(木)13時30分から30人の就学時歯科健診を行いました。永久歯に交換するためのスペースを確保できず舌側から永久歯の萌出しているお子さんが多く見られました。下顎前突や多数歯う蝕も数人いました。その後、保護者説明会において、校長先生が「からだの脳」「お利口さんの脳」「こころの脳」の順番とバランスについてお話ししました。
www.glico.co.jp/boshi/futaba/no78/con01_02.htm 続きを読む

金沢在宅NST経口摂取相談会 第4回チャレンジセミナー

2017年03月18日(土)

img025口から食べられる幸せを応援しています。
第1部 金沢在宅NST経口摂取相談会主催
日 時  平成29年3月18日(土) 午後2:00~3:15(開場1:30)
会 場  石川県リハビリテーションセンター4階 研修室
         石川県金沢市赤土町ニ13-1 電話076-266-2860
対 象  医療・介護・福祉関係者
定 員  80名(先着順) 定員になり次第締め切ります。
          締め切り:平成29年3月6日(日)
参加費 無料 

続きを読む

離乳の支援

2009年03月26日(木)

離乳の支援~「もの」から「人」へ~
~「教える」から「支える」へ~
とき  2009年3月26日(木)19時半から21時半
ところ 保険医協会会議室
講師  濱口優子氏(石川県子育て支援課 母子保健グループ、管理栄養士)
主催  保険医協会食育プロジェクト 続きを読む

口から食べられなくなってきた時

2016年06月28日(火)

改訂えんげ110番パンフレット④むせが目立つようになってきた時
胃ろうしているけど食べられるかもしれないと思う時

金沢在宅NST経口摂取相談会事務局へ相談票をFAX送信してください。
後日、当会から連絡が入ります。 続きを読む

1 / 11123最後 »

他職種連携 一覧