Facebook 名誉院長ブログ

歯肉炎の歯肉変化

2008年10月14日(火)


歯肉炎 歯肉炎1ヶ月半後

症例1  患者 13才女性  初診 1982年3月26日
 左は典型的な歯肉炎であり、右は1ヶ月半の状態

 歯肉炎は非特異的感染(きれいになるとよくなる)であり、歯肉に限局した炎症により発赤、腫脹が見られ、無痛に出血する。すべての歯肉炎が歯周炎(歯槽骨吸収が見られ、歯の支持組織の破壊を伴う)を発症するわけではない。歯周炎は歯周病原性細菌に感染することでのみ発症する。

症例2  患者 14才男性  初診 1984年8月28日
30年以上の臨床で1例だけ経験した潰瘍性歯肉炎と1ヶ月後
かなりのストレスと全身疾患を疑いました。当時非常に苦労したことを思い出す。

潰瘍性歯肉炎 潰瘍性歯肉炎2

歯肉の変化の最新記事