Facebook 名誉院長ブログ

オムツ内排便『ゼロ』達成報告会・記念講演会

2016年11月12日(土)


%e7%ab%b9%e5%86%85%e5%ad%9d%e4%bb%81%e6%b0%8f%ef%bc%91特別養護老人ホームあかしあ荘
「科学的介護への挑戦」
~介護力向上に取り組んだ3カ年の成果と課題~
日時 平成28年11月12日(土)午前9時30分から午後12時15分まで
場所 石川県西田幾多郎記念哲学館 哲学ホール 303人
www.nishidatetsugakukan.org/mainmenu2_shisetsu.html
主催 社会福祉法人 相生会
care-net.biz/17/aioikai/

img380

 12日(土)石川県西田幾多郎記念哲学館にてオムツ内排便『ゼロ』達成報告会・記念講演会開催されました。特別養護老人ホームあかしあ荘の取り組み、事例報告と国際医療福祉大学大学院教授 竹内孝仁氏の記念講演がありました。
 会場内は超満員でした。市民の方々の期待感があふれていました。介護士さんの事例報告も生き生きとしていました。駐車場、会場内、受付のスタッフさんの一生懸命さが伝わり、自立支援介護へのチームとしての熱意をひしひしと感じました。しっかり噛めるようにする歯科医の責任を痛感しました。

 

内容
 A.特別養護老人ホームあかしあ荘の取り組み
 B.事例報告
    事例1「人生、これからやわいね」  介護士 大澤卓也
        事例2「歩いて妻のもとへ」          介護士 櫻井篤史
        事例3「あんやと、あんやとね」   介護士 中 恵実
 C.記念講演会「新しい老人ホームが誕生した」
    講師 国際医療福祉大学大学院教授 竹内孝仁氏
www.iuhw.ac.jp/daigakuin/faculty/health_welfare/care/staff/takeuchi_takahito.html

メモ
A.特別養護老人ホームあかしあ荘の取り組み
 1.科学的介護への挑戦
  ①基本理念
   笑顔で元気にその人らしい生活をしていただく 
      「自立支援」を推進する
   「病気になったら病院で治す、要介護になったら特養で治す」
    ②ビジョン
   ・科学的介護で4つの基本ケアに取り組み、
     日常生活動作をもう1回自立できることに挑戦する
           ・施設を挙げて、オムツ内排便「ゼロ」に取り組む
    ③戦略、戦術
   ・老人福祉施設協議会が主催する科学的介護実践講座「介護力向上講習会」に参加
   ・週4回のケア会議、月1回の委員会

 2.4つの基本ケアの解説
%e7%89%b9%e5%88%a5%e9%a4%8a%e8%ad%b7%e8%80%81%e4%ba%ba%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%82%e3%81%8b%e3%81%97%e3%81%82%e8%8d%98%e3%81%ae%e5%8f%96%e3%82%8a%e7%b5%84%e3%81%bf%ef%bc%91 %e7%89%b9%e5%88%a5%e9%a4%8a%e8%ad%b7%e8%80%81%e4%ba%ba%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%82%e3%81%8b%e3%81%97%e3%81%82%e8%8d%98%e3%81%ae%e5%8f%96%e3%82%8a%e7%b5%84%e3%81%bf%ef%bc%92

    ①水分 1日1500ml以上の水分摂取
 %e7%89%b9%e5%88%a5%e9%a4%8a%e8%ad%b7%e8%80%81%e4%ba%ba%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%82%e3%81%8b%e3%81%97%e3%81%82%e8%8d%98%e3%81%ae%e5%8f%96%e3%82%8a%e7%b5%84%e3%81%bf%ef%bc%93  【水分摂取による効果】
          *日中の覚醒を促し生活リズムをつくる
          *活動性の向上
          *夜間不眠の解消
          *認知症状の改善
 朝の目覚めのコップ1杯の水
kojima-dental-office.net/blog/20210816-14859   

 

            ・午前に1日量の半分以上摂取する
     ・動く前後に飲む
           ・水分の種類を増やす
            ・昔の習慣、好みを知る
    *水分の出入りから飲水の量を算出
  *水分不足による影響(表2)
  *心疾患の方は、浮腫、体重増加を観察

  ②食事  1日1500kcal摂取
   ・安全な食事の条件
     常食(食物繊維)
            水分
             自力摂取
             姿勢(座位姿勢)
             義歯
   ・口腔機能
     食事前後に口腔ケア、口腔体操
  ③排便  水分摂取量と活動量の増加により、下剤に頼らずトイレでの自然排便
        ・起床時の冷水、冷乳が効果的
        ・排便間隔、時間帯をつかむ
        ・1日1回以上の座位排便の促し
        ・食物繊維の補てん(寒天ゼリー、ファイバーなど)
  ④運動  歩行、活動
   立位訓練→つかまり立ち→目的を持った歩行
    ・歩行は起立性大腸反射が起こり自然排便に繋がる
        ・車椅子から椅子へ移行
        ・歩行による活動量を増加
        ・離床の促し

%e7%89%b9%e5%88%a5%e9%a4%8a%e8%ad%b7%e8%80%81%e4%ba%ba%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%82%e3%81%8b%e3%81%97%e3%81%82%e8%8d%98%e3%81%ae%e5%8f%96%e3%82%8a%e7%b5%84%e3%81%bf%ef%bc%94 3.取り組みの結果  入居者100人
    平均介護度が良くなる
    トイレ排便率が向上
    水分平均摂取量が増加

 4.今後の課題
    *水分摂取量1500ml
            (水分量の増加に伴い活動量の増加)
          *食事の常食化
          *認知症の改善

B.事例報告
 1.事例1
    ①アセスメント
   課題                                      ケアプラン
    ・水分量の不足                 ・水分摂取量の増加
    ・活動量の不足                           ・活動量の増加
    ・ミキサー食の摂取                      ・常菜の摂取
    ・定時下剤の使用                         ・定時下剤の中止
  ②実際の取り組み
    ・水分摂取量が増加
      400ml →1300ml
      飲み物の種類を増やし、好きな飲み物を選択させる
    ・活動量の増加
      トイレ誘導時に不安定で立位できず、本人も消極的
                (職員が抱えて2人介助)
       →手すりを握って健常側片足つかまり立ち 
        (1人介助) 
      移乗時に少しでも足を動かしてもらう 
       消極的だった→自ら足を出してくれるようになった
          ・ミキサー食 → 見守りながら常食
       スプーン→箸
          ・定時下剤の中止 →トイレでの自然排便
         %e4%ba%8b%e4%be%8b%ef%bc%91

   【便秘を治す7つのケア】
                水分1500ml以上
                歩行(歩行練習)、体操などの運動
                常菜 最も食物繊維が多い
                食物繊維の補てん ファイバー、寒天ゼリー
                規則的生活(睡眠覚醒リズム)
                定時排便
                座位排便
 2.事例2
  ①アセスメント
    課題                                  ケアプラン
        ・水分摂取量の不足          ・水分摂取量の増加
        ・終日オムツ使用           ・トイレで排便
    ・車椅子使用             ・歩行
  ②実際の取り組み
        ・水分摂取量増加
      入所時850ml、 2,3口飲んですぐに拒否
      毎晩晩酌していたので、徳利とお猪口で水分提供
       ノンアルコールビール→お茶
       酒は美味いと飲むようになり、昼はコップでお茶を飲むようになる
       夜は徳利とお猪口でお茶、酒を飲んでる気分になれる
    ・トイレで排泄
            紙オムツ→紙パンツ→布パンツ→オムツ内排便ゼロ達成
    ・歩行
      1ヶ月歩いていない 歩くといことを忘れている
               5秒のつかまり立ち
               介助して5,6歩(約1m)
               16週目には歩行器で180m歩行
               妻の部屋まで杖をついて歩いていきハーモニカを吹いてあげた
   ③まとめ
    ・基本ケアを行うことによって意欲の回復、上昇ができた

 3.事例3
      ①アセスメント
     課題                            ケアプラン
          ・水分摂取量不足                 ・水分摂取量の増加
          ・食事自力摂取拒否                ・食事を自力摂取
          ・便失禁がみられる                ・トイレで排便する
          ・活動量不足                       ・活動量の増加
          ・認知力の低下                     ・認知症の改善
   ②実際の取り組み
     ・水分摂取量の増加
       入所時900ml トロミをつけて
                            ↓
       いろんな飲み物を用意して選んでもらう
       コップなど器も多くそろえた
                            ↓
       1ヶ月後1400ml以上飲用できるようになった
        トロミは必要なくなった
        自力摂取できるようになる
     ・食事を自力摂取
       他人の食べる姿勢が見える座席に変更
        家族と一緒に寿し屋で食べられるようになる
     ・トイレで排便する
        紙パンツを使用して、便失禁状態が見られていた
                ↓
        布パンツを使用してオムツ内排便ゼロ
        立ち上がる→便意の現れ
     ・認知症の改善
        発語が少なく、行動の拒否があり、笑顔がない
                               ↓
                2ヶ月後翌しゃべり、笑顔になった

C.記念講演会「新しい老人ホームが誕生した」
    講師 国際医療福祉大学大学院教授 竹内孝仁氏
講演記録 資料のp18~20の赤線部分を読んでみてください
 1.水飲み運動
       ・水の生理学
   ・1日1500ml (便秘の方は2000ml、下剤は敵)
   ・飲水の少ない人と物忘れに相関がある
       ・水を飲む人はトイレのために起きるが熟睡できる
 2.オムツ
      ・オムツをする→トイレに行かなくなる→動かなくなる→歩けなくなる
      ・人間性が音を立てて崩れていく
      ・人格を踏みにじられる
 3.ハイレベルな施設
   ・オムツ内排便「ゼロ」に取り組む
   ・全国6000の特養のうち110カ所
     石川県は多い
   ・地域自立相談室を作り地域の核となる
 4.介護保険のパラダイムシフト
      経済活性化会議 総理、財務、厚労省
   自立支援介護に向かう
    ①できないことを介助する→できないことをできるようにする
    ②専門職がみていて介護度が重くなるのはおかしい
    ③良くなっていくと報酬が下がるのはおかしい
 5.教育
        ①素人でもできると思われている間は給料は上がらない
        ②理論に裏打ちされた専門職になれば地位が上がる

竹内孝仁氏ご紹介
1966年 日本医科大学卒業。東京医科歯科大学医学部整形外科所属
1978年 東京医科歯科大学整形外科講師、同大学リハビリテーション部助教授
1991年 日本医科大学教授(リハビリテーション科)
2004年 国際医療福祉大学大学院教授(医療福祉研究科)
 この間、特に、1973年から特別養護老人ホームにおけるケアや在宅ケアに関する研究に取り組まれ、科学的介護を通じた「おむつゼロ」などを提唱。

現在、日本ケアマネジメント学会副理事長、リハビリテーション研究会会長、日本自立支援介護学会学会長等の要職を歴任され、介護福祉の第一人者として幅広くご活躍中。

歯科訪問診療の最新記事