Facebook 名誉院長ブログ

28.9.1.

2016年09月01日(木)


【1】ドイツARD「放射能汚染された土地」2016年3月12日
【2】「甲状腺がん検査の継続・拡充を」家族会が県に申し入れ
【3】老化物質、虫歯にブレーキ 耐性強める、大阪大
【4】万病の原因は“口内に潜むカビ!?「カビ」の正体を知り健康長寿に!
【5】<最低賃金>時給、初の800円台 16年度全国改定
【6】プロ野球観戦が老化防止に効果ってホント?!早大と西武ライオンズが共同研究
【7】検索された「地震保険」前震翌日ピーク(朝日新聞社 奥山晶二郎)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】ドイツARD「放射能汚染された土地」2016年3月12日
sharetube.jp/article/1982/
ドイツが福島の現状を正確に伝える8分(動画)
【2】「甲状腺がん検査の継続・拡充を」家族会が県に申し入れ
 (朝日新聞より)
www.asahi.com/articles/ASJ8S30P5J8SUBQU006.html
 東京電力福島第一原発事故後の県民健康調査で甲状腺がんと診断された子どもたちの保護者らでつくる「311甲状腺がん家族の会」は8月23日、福島県に「甲状腺検査の拡充」を求める要望書を提出した。同会は、県民健康調査の検討委員会に「甲状腺検査の縮小に向けた見直しの動きがある」として、「会員は検査でがんを早期に見つけ、治療ができた」とそのメリットを訴えた。
 福島県小児科医会を主導する数名(会長 太神和広氏と県民健康調査検討委員会座長 星北斗氏)が甲状腺検査対象者の縮小を主張している(大きな圧力が感じられる)。
 これから増える可能性が高いこの時期に?
 ベラルーシでは事故4~5年後から子どもの甲状腺がんが増加。
 (日本経済新聞より)
vdata.nikkei.com/newsgraphics/chernobyl/
甲状腺検査に関する質問及び要望書の提出について
311kazoku.jimdo.com/
【3】老化物質、虫歯にブレーキ 耐性強める、大阪大
   (産経ニュースより)
www.sankei.com/life/news/160815/lif1608150013-n1.html
〈記者の目〉
歯に蓄積した老化物質「AGE」の働きで、年を取ると虫歯の進行が遅くなる。このような研究結果を大阪大学総合歯科学のチームが明らかにし、発表した。「加齢と虫歯の関係性の解明や、AGEを利用する治療法開発につながる可能性がある」としている。チェアーサイドでの患者さんとの話題作りに…
【4】万病の原因は“口内に潜むカビ!?「カビ」の正体を知り健康長寿に!
   (BEST TIMESより)
zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160819-00002902-besttimes-life
〈記者の目〉
カンジダが関係する病気は驚くほどたくさんあり、カンジダ由来の病が発症する。カンジダの蛋白分解酵素が血液中に入り、血管内膜のコラーゲン繊維の生成を阻害て、物質の交通路が正常でなくなり、酸素、栄養素が毛細血管から組織へ移行できなくなることで酸素濃度が低くなる低酸素状態が出現して、細胞が死滅することで、多くの症状が発症するとのことです。フムフム…勉強になりますなあ~!歯周病との関連は疑わしい。
【5】<最低賃金>時給、初の800円台 16年度全国改定
news.yahoo.co.jp/pickup/6212075
 全都道府県で今年度の最低賃金改定の答申が出そろい、厚生労働省が23日、公表した。改定額は全国平均で823円(時給)と初めて800円台となり、平均引き上げ額は前年度比7円増の25円。石川県は757円。時給で表示するようになった2002年度以降最大の引き上げで、政府が掲げる3%引き上げに相当する数字になった。
【6】プロ野球観戦が老化防止に効果ってホント?!早大と西武ライオンズが共同研究
   (産経ニュースより)
www.sankei.com/premium/news/160429/prm1604290004-n1.html
〈記者の目〉
プロ野球でお年寄りは健康になるか。早稲田大学と埼玉西武ライオンズは、「野球場でのプロ野球観戦が中高齢者の健康に及ぼす影響」について、共同研究をスタートさせた。高齢者の認知症予防や精神状態への効果を測定するのが狙い。研究には埼玉県所沢市などが協力し、効果が確認されれば自治体の高齢者施策として、野球観戦導入に期待がかかる。とても興味深い研究である。
【7】検索された「地震保険」前震翌日ピーク(朝日新聞社 奥山晶二郎)
   (Yahoo! JAPANニュースより)
kumamotojishin.yahoo.co.jp/bousai/03/
〈記者の目〉
今回の熊本地震の結果から得られたものによると、今の人たちはスマホで情報収集をほとんど行っていたことがわかった。その時に表れる検索のデータの変化を分析することによって、被災者が求めている情報が的確に把握できるようになり、それに対応した情報発信が必要であることがわかりました。

歯科関連ニュースの最新記事