Facebook 名誉院長ブログ

金沢在宅NST経口摂取相談会

第11回 日本摂食嚥下障害看護研究会

2017年06月25日(日)

第11回金沢大会ポスターメモ
A.よくわかる摂食嚥下のメカニズム
    山田好秋先生(東京歯科大学短期大学教授/新潟大学名誉教授)
 1.食べる動作に全て脳が関わる
  ①摂食嚥下の流れ
      ・動機  :食欲(本能・情動)
      ・食物認知:経験・記憶・環境(認知期)
      ・口への取り込み(随意運動)
      ・食物粉砕(咀嚼期)   舌が重要
      ・嚥下(口腔・咽頭期)  誤嚥の危険性、口腔ケアの必要性
      ・蠕動(食道期)
      ・消化・吸収

 *それぞれに感覚機能、脳、運動機能がどう関わっているかを考える
 *口腔内では視覚は使えなくなる→口腔内は様々な感覚が備わっている
    嚥下可能な物性
    食の安全性(科学的・物理的)
           参考に 人の脳は視覚から90%近くの情報を得ている
kojima-dental-office.net/blog/20170315-7210#more-7210
 *嫌いな食べ物は我慢して口に入れても飲み込まない (情動)
     美味しいことが大切

 2.行動の発現とその制御機構
  ①大脳皮質
    咀嚼中枢、嚥下中枢、呼吸中枢を統合する
    覚醒していることが大切
    三叉神経は覚醒の強力な入力(感覚)情報源
  ②大脳基底核
    サポートする運動を支えている(目的とする運動の対比語)
       姿勢を立て直すには足底が大切
    パーキンソン病では障害が起きる
  ③神経核支配が片側性か両側性か
    両側性    咬筋(三叉神経)  両側の麻痺で咀嚼障害
    片側性  舌                  片側のみの麻痺
www.sahanaya.org/noushukketu4.html

B.医療訴訟について 「食べる行為での医療訴訟をどう回避するか」
    弁護士 長澤裕子先生(金沢弁護士会所属)
 1.総論
  ①原告側の知りたいことが明らかになれば訴訟にはならない
  ②リスクのある方にトラブルが起きた場合
    ・生の事実を明らかにする
    ・予見回避と結果回避義務違反の観点から過失(法的責任)が問われる
         時系列の具体的な対応とコア部分の記載
         立場(職種)と関わり度
 2.窒息裁判事例
    ①おにぎりの誤嚥
www.doctor-agent.com/Knowledge-Support/Medical-Malpractice-Law-Reports/Vol073
  ②1 審判決の誤嚥の危険性予見困難から高裁の困難ではない判決
www.wam.go.jp/content/wamnet/pcpub/top/fukushiiryokeiei/saibanrei/sabanrei027.html

  ③事例多数

『地道にコツコツ、一歩ずつ』
  -口から食べることを支える一員として私たちができること -

日  時:平成29年6月24日(土)10:00~ 6月25日(日)13:30予定
会  場:石川県立音楽堂 邦楽ホール
参加費 :会員:3000円 非会員3500円
参加申込:下記アドレスから
cn-shokunin.com/mysite2/index2.html
大会長 :小利池澄子(金沢医科大学)

プログラム
 6月24日 (土)
 15時15分~17時15分 
  特別講演 「よくわかる摂食嚥下のメカニズム」
         山田好秋先生(東京歯科大学 歯学部教授/新潟大学名誉教授)

 6月25日  (日)
 9時30分~ 10時30分
  モーニングセミナー 「これからの認定看護師に求められるもの」
    浅田美江先生(愛知県看護協会 摂食嚥下障害看護認定師教育課程 主任教員)
 12時00分~13時00分
  医療訴訟について 「食べる行為での医療訴訟をどう回避するか」
    弁護士 長澤裕子先生(金沢弁護士会所属)

本部事務局
 愛知県がんセンター中央病院
  〒464-8681 愛知県名古屋市千種区鹿子殿1‐1
  TEL 052‐764‐2953
  e-mail haoyama@aichi-cc.jp

金沢在宅NST経口摂取相談会 第4回チャレンジセミナー

2017年03月18日(土)

img025口から食べられる幸せを応援しています。
第1部 金沢在宅NST経口摂取相談会主催
日 時  平成29年3月18日(土) 午後2:00~3:15(開場1:30)
会 場  石川県リハビリテーションセンター4階 研修室
         石川県金沢市赤土町ニ13-1 電話076-266-2860
対 象  医療・介護・福祉関係者
定 員  80名(先着順) 定員になり次第締め切ります。
          締め切り:平成29年3月6日(日)
参加費 無料 

続きを読む

口から食べられなくなってきた時

2016年06月28日(火)

改訂えんげ110番パンフレット④むせが目立つようになってきた時
胃ろうしているけど食べられるかもしれないと思う時

金沢在宅NST経口摂取相談会事務局へ相談票をFAX送信してください。
後日、当会から連絡が入ります。 続きを読む

誰でもできる嚥下食・キホンのキ

2016年11月02日(水)

%e8%aa%b0%e3%81%a7%e3%82%82%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e5%9a%a5%e4%b8%8b%e9%a3%9f%e3%83%bb%e3%82%ad%e3%83%9b%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%82%ad-%ef%bc%91 2日(水)石川県女性センターにて金沢在宅NST経口摂取相談会主催の研修会「誰でもできる嚥下食・キホンのキ」がありました。30数名の参加がありました。和気あいあいとした楽しい実習でした。エプロン姿も皆さん似合っていました。お茶のトロミ3段階(薄い、中間、濃い)の付け方を実習しました。そして、スクランブルエッグも各々作ってみました。出来上がりに個性がありました。実際に試食してみると、薄いトロミやゼリー茶の方が美味しかったです。利用者さんの食べ方、嚥下の状態などを診て基本を参考に付け方を工夫したいと思います。 続きを読む

嚥下内視鏡の体験会

2009年10月03日(土)

日時 2009年10月3日午後6時30分~8時30分
場所 まめだ歯科医院
講師 加藤恵巳先生
参加者 綿谷修一、松原五郎、小島登、澤野一久 続きを読む

ALS患者の訪問評価

2008年09月07日(日)

 9月7日(日)午前10時に食べにくくなってきたALS患者宅をケアマネージャー同席のもとにリハビリテーション科医師、歯科医師、看護師、言語聴覚士、管理栄養士の5人が訪問しました。それぞれが、担当分野について現時点での評価をしました。 続きを読む

金沢在宅NST経口摂取相談会 第3回 チャレンジセミナー

2016年03月07日(月)

第3回 チャレンジセミナー     口から食べられる幸せを応援しています。
日 時  平成28年3月7日(月)午後6:50~8:45(開場6:30)
会 場  石川県リハビリテーションセンター4階 研修室 
      石川県金沢市赤土町ニ13-1 電話 076-266-2860
対 象  医療・介護・福祉関係者
参加費 無料
定員  90人
[主催] 金沢在宅NST経口摂取相談会 代表:小川滋彦
 お問い合わせ先 TEL 076-261-8821  FAX 261-9921
[共催] 石川県言語聴覚士会 続きを読む

食べるための姿勢を考える(車椅子編)

2015年11月02日(月)

第2回 サポーター限定研修会金沢在宅NST経口摂取相談会
 第2回 サポーター限定研修会
研修内容 1.車椅子姿勢と調整方法について考えよう。
       みんなで体験しよう(実技あり)
     2.食事について(姿勢や感覚情報、手の使い方)、
       もう一度考えよう 
講  師   映寿会みらい病院 理学療法士 神野俊介
              金沢西病院 作業療法士  白山武志
  第2回 サポーター限定研修会 ポスター 続きを読む

摂食姿勢について「姿勢が変われば嚥下が変わる」

2014年07月15日(火)

サポーター限定研修会講演と実技
 14日(月)午後7時から金沢在宅NST経口摂取相談会主催のサポーター限定研修会「姿勢が変われば嚥下が変わる」がありました。50名ほどの参加があり、熱気を帯びた有意義な会でした。
 5~10cmずり落ちた状態で背板をギャッジアップした苦しい状態と「背ぬき」・「足抜き」による楽になる体験。また、大腿部と前腕、足底のクッションによるサポートやひみこタオルを体験。 続きを読む

金沢在宅NST経口摂取相談会チャレンジセミナー 2015

2015年03月02日(月)

チャレンジセミナー27年 2     口から食べられる幸せを応援しています。
日 時  平成27年3月2日(月)午後7:15~9:00(開場6:45)
会 場  ホテル金沢4階 金沢市堀川新町 1番1号
対 象  医療・介護・福祉関係者
参加費 無料
[主催] 金沢在宅NST経口摂取相談会 代表:小川滋彦 続きを読む

1 / 3123

金沢在宅NST経口摂取相談会 一覧