Facebook 名誉院長ブログ

歯周病の考え方

歯周病に対する当院の考え方

2010年09月16日(木)

よろず勉強会第13回 なんでも学術!なんでも回答?よろず勉強会
医科に必要な最近の歯科のミニ知識
―自身の口の健康にも役立つ―
講 師    石川県保険医協会歯科部
     小島歯科医院 院長 小島 登
と き  2010年9月16日(木)午後7時半~9時
ところ  金沢都ホテル
対 象  保険医協会会員、言語聴覚士
主 催    石川県保険医協会 学術保険部・歯科部 第13回よろず勉強会・案内 
申込み  電話 076-222-5373
     FAX 076-231-5156

続きを読む

熱心な事業所で歯周病講演会

2009年09月10日(木)

日本パーツセンター1 産業医を通して講演依頼があり、衛生管理者と内容などについて相談し、パワーポイントの準備を進めた。また、会場を下見して、会場の広さやコンセントとパソコン、プロジェクター、スクリーンとの位置関係を確認した。 2009年9月10日木曜日午後1から2時まで、株式会社日本パーツセンター会議室にて「歯周病と全身疾患」と題して講演した。歯肉炎の成り立ちやプラークコントロールにより治っていく様子、そして、歯周病の検査の意味、歯周病治療の実際から見る歯科衛生士の活躍ぶり、50才頃から歯が歯周病で急激に抜けること、定期健診や歯のクリーニングをすると歯は長持ちすること、また、糖尿病や腎疾患、喫煙と歯肉との関連や舌から推測できる様々なことについて説明した。 続きを読む

第36回 北陸小児糖尿病サマーキャンプ

2010年08月19日(木)

小児糖尿病サマーキャンプ1 8月19日(木)午後7時から8時まで、内灘町サイクリングターミナルにおいて、第36回 北陸小児糖尿病サマーキャンプに参加している小児期発症の糖尿病患者さんとその保護者、ボランティア、スタッフなどの方々に、「歯科Q&A」と題して講話をした。ミュータンス菌が多い・唾液が少ないなどの虫歯なりやすい人について、歯の脱灰(初期の虫歯)のメカニズムと治し方、飴やジュースとの付き合い方やフッ素の利用の仕方などの予防対策を写真やイラストを見せながら話した。 続きを読む

よろず勉強会in能登

2011年07月17日(日)

よろず勉強会in能登2と き  2011年7月17日(日)午前10時~午後12時30分まで
ところ  七尾勤労者総合福祉センター(ワークパル七尾)
講演1 演題  日常診療における幼児・学童期の見方、
小児科診療について
講師  金沢医療センター小児科部長
太田和秀氏
講演2 演題 歯周病に対する当院の考え方(医科歯科連携の視点で)
講師 石川県保険医協会理事
小島歯科医院 院長 小島 登 続きを読む

糖尿病看護スキルアップセミナー

2010年03月14日(日)

スキルアップセミナー1 3月14日(日)午前10時から午後5時15分まで第3回北陸糖尿病看護スキルアップセミナーが石川県教育会館に於いて開かれました。トップバッターとして90分間「糖尿病と歯周病について」を受け持ちました。歯周組織の基本的知識に始まり、歯肉炎と歯周炎の違いや歯周炎の成り立ち、プラークコントロールと歯のクリーニングの重要性について述べました。腎疾患、糖尿病の患者さんの歯肉の状態を見ていただき、特徴や経過についてもお話ししました。そして、喫煙や免疫抑制剤の歯肉への影響やいろんな舌から分かる全身状態にも触れました。また、歯並びや口呼吸、舌や口唇の形態から分かる口の働きの問題点についても解説しました。 続きを読む

小児糖尿病サマーキャンプで講話

2002年09月05日(木)

北陸小児糖尿病サマーキャンプに参加して                      2002.9.5.
歯周病と糖尿病との関係が注目されるようになり、昨年11月の糖尿病週間 金沢地区の集いに医療相談として参加しました。その時、ほとんどの方が50才台で無歯顎であり、歯もないからと義歯の清掃もおろそかになる傾向も見られた。若年者への啓蒙の大切さを痛感し、今年サマーキャンプに参加することになりました。 続きを読む

第37回 北陸小児糖尿病サマーキャンプ

2011年08月18日(木)

サマーキャンプ2011 内灘町サイクリングターミナルで行われていた、第37回北陸小児糖尿病サマーキャンプ中の8月18日(木)午後7時から「歯科Q&A」の講話と歯科検診を行った。虫歯予防、歯肉炎や糖尿病と歯周炎、そして、食べ方と口の働きについて解説した。熱心に聞き入る姿と反響があり、話をしていて楽しかった。 続きを読む

第38回北陸小児糖尿病サマーキャンプ

2012年08月10日(金)

8月10日に内灘町サイクリングターミナルにおいて、北陸小児糖尿病サマーキャンプが始まり、盛り上がっていた。その日の午後7時から歯の健康教室が行われた。まず、幼児から高校生までの10数人の歯科検診を行った。軽度の歯肉炎の頻度が高い印象を持った。次に、パワーポイントのスライドを見てもらいながら、虫歯予防に大切なこと、ブラッシングを丁寧にすると歯肉炎が治ることを解説した。また、踵を床にしっかり着けて正しい姿勢で食べることを勧めた。その時に椅子に座った状態から直ぐに立ち上がれる足の位置も大切なことも伝えた。 続きを読む

歯周病の考え方 一覧