Facebook 名誉院長ブログ

金沢在宅NST経口摂取相談会 第5回チャレンジセミナー

2019年03月04日(月)


第5回チャレンジセミナー<内容>
 A.事例報告
「筋ジスー在宅で生きること、 生活者として生きていくこと」
  演者 古込和宏さん(体調悪く出席かなわず)
   野口 晃 (かがやきクリニック 医師)
   神野 俊介(なないろ訪問看護ステーション 理学療法士)
 B.セミナー
「摂食・嚥下に影響する薬剤」
  演者 丸一 泰雅 (らいふ薬局 薬剤師)
メモ
A.事例報告
 1.デュシェンヌ型筋ジストロフィー
www.jmda.or.jp/mddictsm/mddictsm2/mddictsm2-1/mddictsm2-1-1/
 2.重度訪問介護24時間超支給
blog.goo.ne.jp/yozame/e/9ba3fc4e978d4d7f6fc4bc15eae58989
    ・病院から地域で自立したい
  ・生きるとは、支援とは
 3.経口摂取相談会の関わり
    ・味覚、香りを楽しむ(口から食べる幸せの一つの選択肢)
    飲み込まない(口に含む→吸引)
    ・リスクと栄養管理
B.セミナー
 1.薬剤性摂食嚥下障害を引き起こした薬剤
  ・抗精神病薬             上位6品目
  ・抗不安薬                 ・リスペリドン  76
  ・睡眠薬                   ・ハロペリドール 13
  ・抗けいれん薬             ・クエチアピン   6
  ・抗うつ薬                 ・チアプリド    6
  ・認知症薬                 ・アルプラゾラム  5
                              ・ジアゼパム    5
img144

 2.5期への影響
    ①先行期に影響   食べ物を認識する
      ・「食べる」行為を妨げる
        向精神薬、抗不安薬、抗コリン薬
      ・食器を扱う行為を妨げる
        抗けいれん薬、抗コリン薬
    ②準備期に影響   口に入れて噛む
     ・口腔内乾燥を引き起こし、食塊形成を妨げる
       抗精神病薬、抗うつ薬、躁病治療薬、ベンゾジアゼピン系薬、
       抗パーキンソン薬、利尿剤、抗コリン薬、β遮断薬、抗ヒスタミン薬
     ・咀嚼行動を妨げる
       向精神薬、抗不安薬、睡眠薬、抗コリン薬、
          口腔粘膜を障害する薬剤(NSAIDsなど)
      ・味覚異常を引き起こす
        抗悪性腫瘍薬、抗菌薬、抗リウマチ薬
    ③口腔期に影響   舌で喉に送り込む
     ・口腔内乾燥を引き起こす
     抗精神病薬、抗うつ薬、躁病治療薬、ベンゾジアゼピン系薬、
       抗パーキンソン薬、利尿剤、抗コリン薬、β遮断薬、抗ヒスタミン薬
      ・覚醒状態や認知機能を障害する
        向精神薬、抗不安薬、抗コリン薬
    ④咽頭期に影響   飲み込む
     ベンゾジアゼピン系薬
    ⑤食道期に影響  食道から胃に送り込む
      ・食道粘膜を刺激、または潰瘍の原因となる
        NSAIDs、テトラサイクリン系抗菌薬、抗がん剤
          ビスホスホネート製剤
      ・下部食道括約筋圧を低下させる
        Ca拮抗薬、テオフィリン製剤、ベンゾジアゼピン系薬
        亜硝酸剤、ジフェンヒドラミン、プロプラノロール、
        アテノロール、フェノバルビタール 

<日時>
 平成31年3月4日(月)
 午後7時~9時(会場 午後6時45分)
<会場>
 金沢西病院 2階研修ホール
  金沢市駅西本町6丁目15-41
<参加費>
  無料(申し込み不要)

 第4回チャレンジセミナー
kojima-dental-office.net/20170318-3407
 第3回チャレンジセミナー
kojima-dental-office.net/20160307-1400
 第2回チャレンジセミナー
kojima-dental-office.net/20150302-1344
 第1回チャレンジセミナー
kojima-dental-office.net/20140224-1317

金沢在宅NST経口摂取相談会の最新記事