Facebook 名誉院長ブログ

金沢在宅NST経口摂取相談会 第3回 チャレンジセミナー

2016年03月07日(月)


第3回 チャレンジセミナー     口から食べられる幸せを応援しています。
日 時  平成28年3月7日(月)午後6:50~8:45(開場6:30)
会 場  石川県リハビリテーションセンター4階 研修室 
      石川県金沢市赤土町ニ13-1 電話 076-266-2860
対 象  医療・介護・福祉関係者
参加費 無料
定員  90人
[主催] 金沢在宅NST経口摂取相談会 代表:小川滋彦
 お問い合わせ先 TEL 076-261-8821  FAX 261-9921
[共催] 石川県言語聴覚士会
内 容
 1.石川県言語聴覚士会とのコラボ企画
  『地域における言語聴覚士の活動の現在と未来』
     演者 徳田紀子(一般社団法人 石川県言語聴覚士会副会長)
                角美香(医療法人社団 メディカルオアシス)
 2.ミニセミナー
   『在宅高齢者の栄養ケア・マネジメントとモニタリング』
      演者 松本 夏実(みらい病院 管理栄養士) 
 3.事例報告
   『「口から食べたい、元気になりたい」をかなえる家族と私どものチャレンジ』
     ~ID41症例の検討から~
      演者 林 智彦 (なのはなクリニック 医師)
         小川滋彦(小川医院 医師)
         菊地 勤(金沢西病院 医師)
         綿谷修一(東海北陸厚生局石川事務所 歯科医師)
                                  白山武志(金沢西病院 作業療法士)
         木村 牧人(金沢西病院 言語聴覚士)
 4.相談会経過報告および平成28年度の計画

講演会メモ
言語聴覚士1.地域における言語聴覚士の活動の現在と未来
  ①専門職として地域を支援していきたい
    ・地域で活躍できるための養成講座を開催
    ・医療や介護保険にとらわれない活動を拡大
    ・病院や施設から生活の場へ
  ②症例
    ・自宅 文字カードを用いたコミュニケーション
    ・グループホーム 感動体験
管理栄養士2.在宅高齢者の栄養ケア・マネジメントとモニタリング
    ・その人の生活にあったアドバイス
    ・キーパーソンの希望を確認しながら、継続可能なことを一緒に考える
    ・介護者に余裕ができ、趣味もできるようになる
        ・人として寄り添ったケア

 

3.「口から食べたい、元気になりたい」をかなえる家族と私どものチャレンジ
栄養管理の選択法    経鼻チューブで半年間も寝かせきり
  ①いきさつ
    ・中日新聞の記事がきっかけ
    ・摂食嚥下認定看護師のつながり
    ・当会へ相談
  ②訪問評価した問題点
    ・意識レベルの低下
    ・覚醒状態の不安定
    ・廃用萎縮
  ③改善策
    ・廃用の改善
    ・リハビリ
    ・栄養
  ④学んだこと
    ・栄養管理は選択ではなく、条件により自ずと決まる

金沢在宅NST経口摂取相談会とは
医師、歯科医師、看護師、歯科衛生士、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、作業療法士
言語聴覚士、介護支援専門員(ケアマネ)、社会福祉士などから成るボランティアチーム。 『胃瘻だが食べられないか?』『最近食べてくれない』『むせが目立つ』といった方への 訪問評価を行っている。担当医、ケアマネ、ご家族からの要請を受け、金沢市および、その周辺地域での訪問評価や指導に精力的に取り組んでいる。

金沢在宅NST経口摂取相談会の最新記事