Facebook 名誉院長ブログ

ドーピングと歯科治療

2005年10月20日(木)


 国体に出場するのですが、歯の治療は差し支えないですか?
 
歯科治療で使用される抗生剤、消炎鎮痛剤は、使用可能と思われます。念のために、その他の治療薬も含めてアンチドーピング 使用可能薬リストで確認してください。そして、競技種目や、新しい薬など詳しいことは、スポーツドクターや薬剤師に相談してください。問い合わせる時は、薬品名を正確に伝えてください。また、市販の複合薬には、十分注意してください

症例
患者 27才男性
初診 2005年10月20日
主訴 右下6番頬側歯肉の腫れ
特記事項 23日からの国体に出場します
     ドーピング検査があります

経過 10/20
       右下6番のインレーを除去し、感染根管処置
    鈴木先生に確認し、
    ペニシリン系抗生剤アセオシリン、消炎酵素剤レフトーゼ、
    鎮痛剤フローベンを投薬

鈴木 円
kojima-dental-office.net/20020512-2613#more-2613

参考として
ドーピングに関する薬の知識 日本体育協会
www.japan-sports.or.jp/medicine/doping/tabid/540/Default.aspx

アンチドーピング 使用可能薬リスト 日本体育協会
www.japan-sports.or.jp/Portals/0/data/supoken/doc/20150413Anti-Doping.pdf#search='%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0+%E4%BD%BF%E7%94%A8%E5%8F%AF%E8%83%BD%E8%96%AC%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

ドーピング禁止薬問い合わせの対応手順
www.doyaku.or.jp/sportspharmacist/pdf2.pdf#search='ドーピング禁止薬

 

よくあるご質問 | 全身疾患と歯科治療の最新記事