Facebook 名誉院長ブログ

第14回金沢・在宅NST研究会

2011年02月28日(月)


【日 時】 平成23年2月28日(月)19:20~21:00
【場 所】 ホテル金沢 エメラルドA(4階)
        金沢市堀川新町1番1号 ℡ 076-223-1111

Ⅰ.当研究会の臨床研究の概略について
      小川医院 小川滋彦先生
Ⅱ.経口摂取相談会活動報告          
   経口摂取相談会代表    
     綿谷歯科医院 綿谷 修一先生
     金沢脳神経外科病院
      リハビリテーション科   河崎 寛孝先生
Ⅲ.特別講演「経腸栄養時に見られる電解質異常とその治療」
     山中温泉医療センター センター長 大村健二先生

共催:金沢・在宅NST研究会
   株式会社大塚製薬工場
   イーエヌ大塚製薬株式会社
   明祥株式会社
当日、参加費として500円徴収させて頂きます。
メモ
Ⅰ.当研究会の臨床研究の概略について
   ①低栄養患者に食事と併用して経腸栄養剤(RACOL)の経口摂取により、
     栄養状態の改善や副次的臨床効果が得られるか検討する
   ②評価項目としてのSEIQoLが特徴的
     SEIQoLとは、患者さんから見た生活の質を評価する方法
      患者さんが大事に思っていることを言語化して分類し、
      重み付けして定量化する
参考として
特定疾患患者の生活の質(Quality of life,QOL)の向上に関する研究
www.nanbyou.or.jp/kenkyuhan/oudan_h17_1_i.htm
 2. 特定疾患、特に神経難病におけるQOL
 図表を見るとよくわかる

Ⅱ.経口摂取相談会活動報告          
    ①事例報告 ID13~17
      義歯の対応や口腔ケアで改善が見られた事例が3例あった
    ②チェックリストの見直し
     経口摂取に対する評価に加え、今後のプランニングにも対応できるように検討
          介護者の評価 在宅では口から食べてもらう時には大きな要因になる

Ⅲ.特別講演「経腸栄養時に見られる電解質異常とその治療」
    ①経腸栄養薬では、Cu,Znなどの微量元素が欠乏する
    ②保険適応のものはなかなか認可されず遅れていて、
      食品扱い栄養剤のほうが優れている
    ③ココアなどを補充することにより改善することもある

金沢在宅NST経口摂取相談会の最新記事