Facebook 名誉院長ブログ

ヘミセクション(歯根切除)

2010年09月22日(水)


 根分岐部病変は予後への不安もあり、あまり手をつけたくないところである。また、根分岐部病変を観察していると、ほとんど変化のないものも多い。根尖方向への波及がなければ、長期間機能的に歯は使用できる。一般的な根分岐部病変分類の観点である水平的ではなく、垂直的な歯周ポケットの進行が病変の増悪を決定していると思う。 基本的な処置は、プラークコントロール等の初期治療の徹底に始まり、できるだけ侵襲の少ない処置から経過を見ながら進めていく。ほとんどの歯周炎は、ルートプレーニングがきちんとできれば治ると思う。しかし、急性発作を繰り返す場合や局在した垂直的プロービング値の著しい場合は、ヘミセクションを含めた外科処置が必要である。  今回の症例は、原因がわからない上顎6番に限局した歯周炎があり、ヘミセクション後にインレーとフルクラウンを装着し、23年間定期検診を続け、良好な経過をたどっている。咬合が一因ではないかと考え、現在も就寝時にマウスピースを装着している。

症例
患者 50歳女性  
初診 昭和61年11月4日
主訴 上顎左6番頬側歯肉の腫脹
現症 上顎左右6番頬側歯肉の腫脹
   上顎左右6番ノンカリエス
経過
11/4
   パノラマレントゲン写真にて上顎左右6番部近心側歯槽骨に透過像が認められる
   プロービングデプスは両歯とも頬側分岐部のみに10mm
       ブラッシング指導開始する
   抗生剤の内服

ヘミセクション1 ヘミセクション2 ヘミセクション3 ヘミセクション

12/16
   腫脹が消失しないので、ヘミセクションを予定して両歯の抜髄をする

ヘミセクション4 ヘミセクション5 ヘミセクション6

昭和62年
1/7     上顎右6番にフラップを開けてヘミセクションを行う
1/22 上顎左6番にフラップを開けてヘミセクションを行う
1/24 上顎右6番にインレー装着、上顎左6番にメタルコアを装着

ヘミセクション7 ヘミセクション8 ヘミセクション9 ヘミセクション10

2/24 上顎左6番にプロビジョナルを装着

ヘミセクション11 ヘミセクション12 ヘミセクション13 ヘミセクション14

3/5  上顎左6番にFCK装着
6/10 上顎左右6番の状態

ヘミセクション15 ヘミセクション16 ヘミセクション17 ヘミセクション18

平成元年
4/24  2年後の上顎左右6番の状態

ヘミセクション19 ヘミセクション20 ヘミセクション21 ヘミセクション22

平成7年
10/25 8年後の上顎左右6番の状態

ヘミセクション23 ヘミセクション24 ヘミセクション25

平成11年
3/18  マウスピースを装着し始める
平成12年
4/24  13年後の上顎左右6番の状態

ヘミセクション26 

平成18年
9/27  上顎左7番が破折のため、フラップを開けてヘミセクションを行う
平成22年
1/14  下顎左6番抜歯
9/9   23年後上顎左右6番は予後良好

 

歯周治療の実際の最新記事