Facebook 名誉院長ブログ

メンテナンスしやすい形態に

1991年03月15日(金)


S63.2.19.B患者  42歳女性
初診  昭和63年2月15日
主訴  ダツリしたところを治して欲しい
現症  残根が歯肉に埋もれている
治療計画
 1.プラークコントロールの定着
 2.FOp
 3.メンテナンスしやすい形態
 4.咬合圧バランスの調整と定期検診

経過
昭和63年
 2/15  レントゲン写真にて歯根の状態を確認
        コアのポスト部が折れ、残っている
        4番と5番が近接している
S63.2.19.D S63.2.15.

 2/17  適応検査にて3番の遠心部に深い歯周ポケットを確認
              赤染めによるブラッシング指導5回
              プラークチャート 26→9%
 2/29  コアを装着
 3/16  精密検査にて3番の遠心部から口蓋側にかけて深い歯周ポケットを確認
              ルートプレーニング
S63.3.16.B S63.3.16.D

 5/18  再評価にて改善は見られるが、3番の遠心部に深い歯周ポケットがある
S63.5.18.B S63.5.18.D

 5/25  FOpを実施
 6/8   Tekを装着し、セパレーティグゴムにて近心移動
S63.6.8.B S63.6.15.B (2)

 6/27  再評価にて歯周環境良好を確認
              鋳造冠を装着
S63.6.27.D S63.6.27.D (2) S63.6.27.B

平成元年
 1/25  1年後
H1.1.25.B H1.1.25.D

平成3年
 3/15  3年後

H3.3.15.B H3.3.15.D

歯周治療の基本の最新記事