Facebook 名誉院長ブログ

妊娠性エプーリス

2000年12月04日(月)


61.9.1.F 歯肉にみられる良性の限局性腫瘤。主因は口腔内の清掃不良であるが、卵胞ホルモンや黄体ホルモンなどの内分泌異常も影響している。出産後に自然消滅するケースが多い。

患者 33才女性
初診 昭和61年9月1日
主訴 歯肉が腫れてきた、出血が恐い
現症 左上4・5の歯間部口蓋側歯肉に有茎性腫瘤
   口蓋側に縁下歯石が多い
   妊娠中
経過 
 9/1 口の中の現状と原因を説明
     ブラッシング指導
 9/9 腫瘤は小さくなる
     ブラッシング指導
     出産後に本格的な治療、それまで経過観察

61.9.9.F

 3年半のブランクあり
平成2年
 4/17 上顎1番が冷水痛で来院
      左上4・5の歯間部口蓋側歯肉は良くなっている
      歯石が目立つ
      適応検査
 4/18・27 赤染めによるブラッシング指導
      プラークチャート 83%・63%

2.4.17.B 2.5.18.B

 5/18 赤染めによるブラッシング指導
      プラークチャート 50%
      精密検査
      数回に分けて縁下歯石除去
 7/4  再評価
      歯肉がきれいになる
 2.7.4.B

     定期検診
     9/3
 12/4

2.9.3.B 2.12.4.B

家族と歯肉の最新記事