Facebook 名誉院長ブログ

成人の反対咬合

2010年07月21日(水)


成人の反対咬合1 成人の反対咬合は、小さい頃からの食生活やプラークコントロールに影響を与え、虫歯、歯周病さらには歯牙欠損を引き起こしている。咬合のバランスの崩れから顎関節や咀嚼運動にも変化をもたらしている。また、劣等感などの心理的障害や人格形成にも大きな影響を与えている。
 従って、歯牙の欠損や歯周状態、補綴物などの制約に伴う矯正装置の工夫と患者さんのニーズを充分に考慮した治療計画を提案する。そして、それらを説明し、選択・確認してもらい治療をすすめていく。また、予測しがたい口腔内や患者さんの気持ちの変化時にも、現状を伝え、方針の変更を相談し、治療の進め方を再度確認する。

症例
患者  41歳女性
初診  昭和62年5月6日
主訴  左上5番の動揺
現症    左下3番から右下2番までが反対咬合
    下顎の正中は右側偏位
    右下5番と右上6番が残根状態
    右下6,7番部と左上6,7番部が歯牙欠損
キネジオ所見
        垂直的な開口量 23.6mm
    開口時に左側へ変移する
成人の反対咬合2

経過 5/6 大まかな治療計画を説明する
   5~8月にブラッシング指導や抜歯などを行う。
      8/24 補助断線にて前方拡大を始める
        リンガルアーチをロウ着したFCKを仮着しながら
成人の反対咬合3 成人の反対咬合4      10/19 正常被蓋になり、開口時の左右のバランスも良くなる
         慣れない咬合のためか本人は噛みにくい
成人の反対咬合5 成人の反対咬合6 成人の反対咬合7

   11/5  リンガルアーチを外し、義歯を装着する      

 63年7/9 1年後安定している
成人の反対咬合8 成人の反対咬合9

平成元年7/13 2年後  
     垂直的な開口量が36.4mmに増え、左右のバランスも良い
      (キネジオの垂直目盛りが10mmに変更になっている)
成人の反対咬合10 成人の反対咬合11 成人の反対咬合12 

  5年11/26 6年後

成人の反対咬合13 成人の反対咬合14

顎関節症・咬合治療 | 下顎前突の最新記事