Facebook 名誉院長ブログ

上顎1番の逆被蓋がムーシールドにて改善

2016年01月13日(水)


2015-10-21-%ef%bd%81 このような逆被蓋の症例では、リンガルアーチと補助断線にて対応していました。しかし、今回の児童は接触型スポーツを楽しんでいたので、日中における口腔内固定装置の使用を避けることにしました。口腔機能もしっかりしていたので、夜間のムーシールドによる治療法を選択しました。そして、ご家族の協力を得て、食事時の姿勢や食べ方の改善も熱心に取り組みましたので、2ヶ月ほどで被蓋が改善しました。苦痛なく、思い切り活動ができことを非常に喜んでいました。今後も経過観察を行い、見守っていきたいと思います。

 

参考に
内側から大人の歯が出てきました
kojima-dental-office.net/20081026-2461

2015-10-21-%ef%bd%82症例
患者  7才男児
初診  平成27年10月21日
主訴  歯並びを治したい
現症  左上1番が逆被蓋になっている
    永久歯の萌出スペースに問題なし
    デンタルプラークが非常に多い

 

治療計画
1.プラークコントロール
2.下顎前突(骨格性)かどうかの確認
3.就寝時にムーシールドを装着
4.改善傾向がなければリンガルアーチに変更する

経過
平成27年
10/21  矯正相談、模型作製
10/23  側貌セファロ分析 特に骨格性下顎前突の傾向なし
       ブラッシング指導
10/26  口腔機能評価
        唾液量6.9ml/5分
        カムゾウくんによる咀嚼効率良好
        食事時の姿勢と食べ方を指導
2015-10-31-%e3%82%ab%e3%83%a0%e3%82%be%e3%82%a6

10/31  ムーシールド開始
12/5   左上1番が唇側移動

平成28年
1/9    左上1番が正常咬合

2016-1-9-%ef%bd%81 2016-1-9-%ef%bd%82

ムーシールド | 矯正の最新記事