Facebook 名誉院長ブログ

地図状舌

2009年01月09日(金)


地図状舌 舌苔が原因不明に不定型に剥がれた状態である。殆ど自覚症状はなく、それ自体の治療の必要性はない。そして、地図の分布は2,3日で容易に変化し、ストレスで心理的に不安定または過敏な状態の時によく見られ、ストレスの生体への関わり具合も経過観察できる。日常診療では、よく話を聞き、背後にあるストレスを感じながら、日々の調子に合わせて診療を進める。また、学校、保育所などの健診時には注意して観察し、気配りするようにアドバイスする。地図状舌1

舌の診かたについての最新記事