名誉院長ブログ のぼるくんの世界

小島歯科医院のWebサイト

金沢市の医療・介護施策について

2016年10月18日(火)


第3回 地元若手研究者との役員勉強会
講師:石田道彦氏(金沢大学人間社会学域法学類教授)
    社会保障法を担当 医療、年金、生保
日時:10月18日(火)午後7時30分~
場所:保険医協会 会議室

参考に
 第1回  棟居徳子氏(金沢大学人間社会研究域法学系准教授)
kojima-dental-office.net/blog/20141104-4592#more-4592
 第2回  曽我千春氏(金沢星稜大学経済学部教授)
kojima-dental-office.net/blog/20151124-4589

メモ
1.長寿安心プラン2015
 ①地域包括ケアシステム推進基本構想との関係
 ②介護保険法改正の影響(2014年6月)
   ・介護予防給付(要支援1・2)→総合事業(保険給付から外す)
     訪問介護         →訪問サービス
     通所介護         →通所サービス

2.在宅医療の推進
 ①介護保険法に基づく地域支援事業(2015年4月)
 ②計画間の調整(健康増進計画と医療費適正化計画)
   ・在宅医療と医療計画
   ・二次医療圏と市の施策
   ・地域医療構想
 ③在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループの設置
   2016年8月の医療計画の見直しを受けて

3.診療報酬と医療保険
 ①診療報酬が保険医療の質や量をコントロール
      ・給付範囲の設定
      ・医療給付費の総額管理
      ・医療分野・機関への資源配分
      ・診療内容や医療機関への政策誘導
    *疑問点(損害賠償事件の裁判例)
    診療債務(医師の注意義務)は
     制約を受けた保険診療を超えたところまで求めている
 ②支払い方法が変化 出来高払い方式から包括払い方式へ
   ・支払い方法や算定要件などが変化すると、医療機関の診療内容も変化する
   ・出来高払い方式の下での医療機関は
     診療内容の向上が診療報酬の増加となる
     「生活者」と「代理人」の間に矛盾が生じない
   ・包括払い方式の下での医療機関
     医師の裁量が縮小
     医師が意に沿わない判断を迫られる
     「生活者」の立場の比重が増える
    参考に 医療機関に内在するモード
    ・医業によって生計を立てる「生活者」の立場
    ・利他的に対応する患者の「代理人」としての立場

社会保障講演会の最新記事