名誉院長ブログ のぼるくんの世界

小島歯科医院のWebサイト

荘内桜と郡上八幡

2009年04月29日(水)


%e7%99%bd%e5%b7%9d%e9%83%b7%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%bf%e3%82%8b%e7%99%bd%e5%b1%b1 昭和の日に朝早く、東海北陸道白川インターへ。白川郷から見える白山は、日頃見るより雪が多く、低く感じた。国道156号線沿いにある2本の荘内桜「アズマヒガンザクラ」は、気品漂う白い小柄な花を付けていた。花びらが肌寒い風に少し舞っていたが、多くの人が自然の華やかさと力強さを楽しんでいた。この桜は、御母衣ダム建設で水没する運命の光輪寺境内にあったが、集落の人々の心のよりどころとして移植することを決意された。樹齢400年を超える老桜であったが、昭和35年に現在地に引き上げられ移植された。愛情に応えて奇跡的に蘇生し、毎年見事な花を咲かせている。

%e8%8d%98%e5%86%85%e6%a1%9c%ef%bc%91 %e8%8d%98%e5%86%85%e6%a1%9c%ef%bc%93

  次に、水のきれいな郡上八幡の古い街並みを散策した。揚げたてのコロッケは旅の一つの楽しみ。夏に子どもたちが飛び込みを競う新橋の川面を覗いてみる。一人前の男になれるかな?

%e9%83%a1%e4%b8%8a%e5%85%ab%e5%b9%a1%ef%bc%91 %e9%83%a1%e4%b8%8a%e5%85%ab%e5%b9%a1%ef%bc%95 %e9%83%a1%e4%b8%8a%e5%85%ab%e5%b9%a1%ef%bc%92 %e9%83%a1%e4%b8%8a%e5%85%ab%e5%b9%a1%ef%bc%94

そして、地元作家水野政雄の「サンショウウオ」を記念に求める。
%e6%b0%b4%e9%87%8e%e6%94%bf%e9%9b%84%e3%80%80%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%82%a6%e3%82%aa

水野政雄
www.windsnet.ne.jp/poem/mizuno.html

北信越の最新記事