Facebook 名誉院長ブログ

お知らせ「デジタルデンティストリーの到達点と展望」10/28

2021年09月18日(土)


講師:北道敏行氏( 兵庫県・姫路市きたみち歯科医院院長)
 デンタルマガジン 2020年3月1日発行 172号 SPRING
 口腔内スキャナーの現状と注意点~プライムスキャンを使用した臨床~
pdf.dental-plaza.com/dentalmagazine/no172/172-1/?id=pageLink01
日時:2021年10 月28 日(木)19:00~21:00
会場: オンライン/Zoomミーティング(定員100 人)
    または石川県保険医協会会議室(定員8 人)  
対象:全国の保険医協会会員医療機関の歯科医師およびスタッフ
主催:石川県保険医協会
参加申込方法 メールもしくは協会ホームページの申込フォーム
 ①医療機関名、②参加者氏名、③参加方法を入力
申込締切:10月20日(水)  北道敏行先生講演会チラシ
♦ Eメールの場合ishikawa-hok@doc.net.or.jp まで
♦ 申込フォームの場合 石川県保険医協会ホームページの【お問い合わせ】から。
お問い合わせ先 石川県保険医協会歯科部
ishikawahokeni.jp/
 〒920-0902 金沢市尾張町2-8-23 太陽生命金沢ビル8 階
 電話076-222-5373  FAX 076-231-5156  E メールishikawa-hok@doc.net.or.jp

ご案内
 近年、補綴臨床において日進月歩のスピードで進化を遂げている分野がデジタルデンティストリーです。IOS(口腔内スキャナー)、CAD/CAM システムを応用した補綴物製作がどんどん我々の日常臨床にも導入され始めています。
 高精度の補綴物をデジタルシステムによって迅速に製作することや、精度の高い接着システムを組み合わせることで、患者さんにより良い歯科医療を提供できると考えられます。そこで、デジタルデンティストリーの「現在の到達点」と「これから、どこに向かうのか」について考えるための学術講演会を企画しました。
 今回、デジタルデンティストリー分野のトップランナー北道敏行先生を招聘することができました。この分野における最新の知見を石川県保険医協会の先生方と是非とも共有したいと考えております。多数の先生方のご参加をお待ちしております。

2022年歯科診療報酬改定に向けた主な検討内容
kojima-dental-office.net/20210916-5996
(3)歯科医療(8月4日中医協総会にて検討)
ウ.主な意見
・患者に現在の口腔の状況を客観的に示す観点から、新しい検査法の導入についても検討が必要。

デジタル印象採得装置(口腔内スキャン)
 CEREC、iTero、TRIOS、3M
shikai-no-mikata.com/intraoral-scanner-maker
 モリタ
pdf.dental-plaza.com/dentalmagazine/no172/172-1/
 GC
www.gcdental.co.jp/sys/data/item/1605/
 松風
www.shofu.co.jp/pickup/trios/

 *モリタのアクイオス(口腔内スキャナー)が今年8月末に薬事承認
   来年の4月~6月の販売に向けて、準備を進めている

北道敏行先生の主なご経歴
日本臨床歯科C A D C A M 学会副会長、IS C D 国際コンピュータ歯科学会公認国際セレックトレーナー、株式会社モリタC A D /C A M インストラクター、株式会社白水貿易C A D /C A M インストラクター、イボクラビバデントJa p a n インストラクター、ウルトラデントJa p a n プロダクトアドバイザー、アマンギルバッハβテスター、V IT A C A D /C A M インストラクター、日本臨床歯科C A D /C A M 学会コースインストラクター、広島大学客員講師(~2 0 1 8 )、モリタデジタルソリューションセンターインストラクター
『月刊保団連』2 0 2 1 年5 月号~8 月号で「歯科医院でのC A D /C A M 活用のポイント」(全4回)をご執筆されています。ぜひご覧ください。

 

 

補綴 | イベント情報の最新記事