Facebook 名誉院長ブログ

T4A

側方拡大とT4A併用による上顎前歯の前方移動

2011年12月10日(土)

%ef%bd%94%ef%bc%94%ef%bd%81 %e3%82%a8%e3%82%ad%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%ef%bc%91

 矯正を内に秘めた中高年が増えているが、そのほとんどの方は、煩わしさからあきらめている。ゆっくりでもいいから、目立たなく苦痛の少ないことを望んでいる。
 上顎2番の舌側転位の患者さんに対して、以前はリンガルアーチに補助断線を付けて治療していたが、食事など日常生活にかなり苦労があった。今回、床型エキスパンションを夜間に使用し、日中に1時間ほど筋機能訓練用のT4Aを入れて口唇閉鎖と鼻呼吸、舌運動の練習した。違和感なく治療を続けることができ、実施後3か月ほどでかなり改善した。側方拡大することにより口の中が広くなり、T4Aの効果も相まって前歯も前方へ拡大してきた。その後、床型エキスパンションを中止し、夜間もT4Aへ切り替えた。上下臼歯部の咬合も安定してきた。 続きを読む

T4Aにより成人の前歯部叢生が改善

2014年07月11日(金)

T4A① 食事の仕方や姿勢の見直しとT4Aの夜間装着が成人の下顎前歯部叢生を改善する。舌側傾斜している歯牙を起こし歯列弓を拡大すると考える。今後、このような症例に選択肢の一つとして活用したい。 続きを読む

T4A 一覧