Facebook 名誉院長ブログ

医院の取り組み

熱心な事業所で歯周病講演会

2009年09月10日(木)

日本パーツセンター1 産業医を通して講演依頼があり、衛生管理者と内容などについて相談し、パワーポイントの準備を進めた。また、会場を下見して、会場の広さやコンセントとパソコン、プロジェクター、スクリーンとの位置関係を確認した。 2009年9月10日木曜日午後1から2時まで、株式会社日本パーツセンター会議室にて「歯周病と全身疾患」と題して講演した。歯肉炎の成り立ちやプラークコントロールにより治っていく様子、そして、歯周病の検査の意味、歯周病治療の実際から見る歯科衛生士の活躍ぶり、50才頃から歯が歯周病で急激に抜けること、定期健診や歯のクリーニングをすると歯は長持ちすること、また、糖尿病や腎疾患、喫煙と歯肉との関連や舌から推測できる様々なことについて説明した。 続きを読む

自閉症のお子さんの歯科治療

2009年02月08日(日)

【ご質問・ご相談など】
娘は自閉症で療育手帳(B)を持っています。
その娘の6歳臼歯の溝が茶色になってる事に気づきました。
今まで歯の治療を受けた事がないので、正直どんな反応や行動を起こすかはわかりません。 続きを読む

震災時の歯科医院の減災対応

2008年09月01日(月)

減災とは、事前対策です。人命を守り、医院の損害を最小限にとどめ、早期復旧を可能にするために、災害が起こる前に行っておくべき準備や緊急時の対応を取り決めておくことが重要です。 2007年の体験を基に作成したPDFC-歯科震災時対応 歯科医院の対応編を参考にスタッフと協議し、スタッフの役割分担や連絡網などのチェックリストを作成しました。また、具体的な場面を想定した取り組みやすい訓練を行い、マニュアルの見直しをしています。そして、行政などとの連携も折に触れ図っています。 続きを読む

内灘町津波ハザードマップ

2013年03月11日(月)

%e6%b5%b7%e6%8a%9c%ef%bc%98%ef%bc%8e%ef%bc%96%ef%bd%8d 東日本大震災から2年。内灘町防災マップに津波ハザードマップが追加になりました。石川県の想定では、西方沖波源による内灘町の最大津波高は3.8m。当院は海抜8.6m。それでも、安心はできません。地震などに対する減災対策の再確認と見直しを続けていきたいと思います。 続きを読む

内灘町防災マップ

2010年10月08日(金)

www.town.uchinada.lg.jp/webapps/open_imgs/service//0000000195_0000012687.pdf
 2007年3月25日に能登半島地震が発生した。そして、体験談や様々な情報と多職種の方々や専門家、内灘町のご意見を得て、2008年9月1日に「歯科における震災時の対応ー能登半島地震の体験からー」を発刊した。“減災イコール事前準備”を中心テーマとして位置づけ、対応策を提案した。
kojima-dental-office.net/20080901-135 続きを読む

DV被害者の歯科治療

2010年06月22日(火)

 治療計画などに特別な変更はないが、治療環境には少し配慮が必要に思う。特に今回は所在の漏洩に細心の注意を払った。また、精神的なダメージやアップダウンをスタッフと共に理解し、他病院への連携にも心を注いだ。 続きを読む

企業歯科健診のおすすめ

2008年08月02日(土)

 平成20年7月9日11時過ぎから12時半頃まで共栄建設株式会社へ歯科衛生士2名、歯科助手2名を伴い企業歯科健診に行きました。当日会社に待機されていた8人に対して、プライバシーを考慮しながら一人あたり約15分程度の健診を行いました。
 健診結果を歯科健康診査票を用いて説明し、今後の歯科治療やこれからの口腔ケアについてお話ししました。併せて歯科治療に対する疑問や悩みの相談を受けました。また、歯科衛生士が持ってきてもらった日頃使用している歯ブラシに対するアドバイスと簡単な口腔衛生指導を行いました。 続きを読む

耐震診断と耐震補強工事

2016年05月11日(水)

最近の各地に地震や洪水など自然災害が頻発しています。それらに対応すべく第1弾として、平成20年6月3日~7月7日に耐震診断と耐震補強を行いました。診療室を支える独立柱5本にMARS工法 (炭素繊維シート補強工法)を用いました。また、防災マニュアルも定期的に見直し現状にあった最適なものに更新しています。 続きを読む

歩行やトランスファー介助の基礎知識と実習

2012年07月12日(木)

 12日木曜日午後2時から4時まで、金沢西病院作業療法士 白山武志氏を迎えて研修会を開いた。他院からも5名の歯科衛生士が参加し、ペアを組んで相互実習も行った。異業種のプロの技と言葉では表せない身のこなしに触れる。心地よい介助に何とも言えない安心感があった。介助する側、される側を体験し、両方の感覚からその難しさを再確認する。 続きを読む

小島歯科医院の禁煙援助

2008年09月28日(日)

 禁煙指導はブラッシング指導より傾聴からの切り返しのタイミングが難しい。傾聴ばかりではどんどんマイナスに向かっていく。禁煙は気分をマイナスにさせがちになるから、今日一日の小さな3つのよかったことを見つける努力や周りの人の良いところを見つけられる様に努めることを習慣にしていこう。プラス思考が良い影響を引き出してくれる。禁煙から生まれるおまけを喜び、人生も好転する。喜んでもらえれば、サポーターは幸せをたくさんもらえて元気になる。 続きを読む

医院の取り組み 一覧