名誉院長ブログ のぼるくんの世界

小島歯科医院のWebサイト

  • 箱根
  • 蔦沼
  • スライド1

金城大学ダンス部創立10周年記念OBOG公演「DECADE」

2008年08月23日(土)

金城ダンス1 毎年楽しみにしている定期公演は冬なのに、この暑い夏に案内状が届いた。すぐに予約を入れた。ビートに合わせた身体の切れに見ているだけで身体が動く。卒業生だけのひと味違うダンスが楽しみである。朝ドラの榮倉奈々に負けるな。
 仕事の合間に仲間と時間調整して練習したチームワークが見事。少し年の差を感じるズレも何するものぞ。集まってひとつの目標を共有できる幸せがあふれていた。車椅子ダンスはいつ見ても最高。二人のクラッシックバレーの華麗さは心を癒す。やっぱり圧巻はビートに乗る数十人の身体の切れ。 続きを読む

インビクタス/負けざる者

2010年02月11日(木)

wwws.warnerbros.co.jp/invictus/
 過去の罪を赦す(現在は許すと表記する)マンデラ大統領が2分された国を一つに変えていく感動作。「諦めなければ混迷する今の時代でも我々の手で世界は変えられる」という強いメッセージが伝わる。27年間監獄に囚われ、釈放され、南アフリカ初の黒人大統領になった実話。インビクタスとは、投獄中の心を支えた詩の題名「征服されない」。その一節「私が我が運命の支配者、我が魂の指揮官」がキャプテンに不屈の精神を伝え、チームがラクビーワールドカップを勝ち進む。そして、敵対する黒人と白人が一つになっていく。 続きを読む

私の中のあなた 

2009年11月03日(火)

My Sister’s Keeper                         21.11.3.
intro.ne.jp/contents/2009/11/15_1417.html
 白血病の少女を取り巻く家族の絆とそれぞれに思いやる心や葛藤が始めから終わりまであふれる素晴らしい映画である。生と死にどう向き合い、自分と家族はどう受け入れるのかを考える。また、涙を堪えぬいたはずなのに映画を見終わった後に笑顔と清々しさが心に残る。映画音楽も心が温まる。

ミツバチの羽音と地球の回転

2011年05月15日(日)

%e3%83%9f%e3%83%84%e3%83%90%e3%83%81%e3%81%ae%e9%9f%b3%e3%81%a8%e5%9c%b0%e7%90%83%e3%81%ae%e5%9b%9e%e8%bb%a2%ef%bc%91888earth.net/top.html
 15日(日)夜、香林坊109のシネモンドへ鎌仲監督の「ミツバチの羽音と地球の回転」を観にいった。山野金沢市長も来ていた。山口県祝島の30年に及ぶ原発反対闘争・環境保護運動とその住民の生活が描かれていた。そして、脱原発・脱石油へシフトしたスウェーデンの現状や取り組みが紹介されていた。 続きを読む

映画「いのちの山河」

2011年11月06日(日)

いのちの山河 http://www.cinema-indies.co.jp/aozora2/index.php
 「豪雪・貧困・多病」という、大きな問題を抱えていた山間の小さな村・沢内村(岩手県)を、いのちの格差を無くすために何とかよくしたいと立ち上がった深沢晟雄氏とその仲間たちの奮闘を描く、昭和30年頃の実話。住民の検診事業、さらに老人・乳児の医療無料化を推し進め、全国でも最悪だった乳児死亡率を全国初の“ゼロ”という記録を生み出すまでになる。 続きを読む

赤ちゃんは世界をどう見ているのか

2008年08月11日(月)

山口真美著
平凡社新書
760円
2006年5月10日発行

 大人と赤ちゃんと決定的に違うところは、眼や耳という感覚器ではなく脳である。赤ちゃんの脳は、8ヶ月の間に劇的に発達する。見る能力は高度な脳の機能の発達と並行して進み、完成が早い。それに比べると言葉の発達は脳の完成のずっと後になる。 続きを読む

新穂高温泉

2014年08月17日(日)

 %e3%81%86%e3%81%aa%e4%ba%ad%ef%bc%93 16日(土)雨の中新穂高へ車を走らせる。お昼を30年ぶりに新平湯温泉「うな亭」で。先代の養殖から受け継ぐ、絶品のうな丼に超満員。金沢から2時間半。

うな亭
j47.jp/unatei/
新穂高ロープウェー
shinhotaka-ropeway.jp/

続きを読む