名誉院長ブログ のぼるくんの世界

小島歯科医院のWebサイト

絵と美術館

絵と美術館

俺たちの国芳 わたしの国貞

2016年12月04日(日)

005www.ntv.co.jp/kunikuni/
 4日(日)シルクドゥ・トレイル トーテムを体験のため名古屋へ。時間があったので、急遽、名古屋ボストン美術館へ。浮世絵の世界。二人の個性を楽しむ。膨大な所蔵品に驚く。精密な描写、デザイン、迫力、色遣いは感動もの。江戸の文化、暮らし、ファッションを身近に体験。海外流出に残念な気持ちはあるが、色鮮やかな保存管理に感謝。 続きを読む

最後の絵師、勝田深氷

2013年09月07日(土)

勝田深氷d.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20130719/1374196626
 9/7(土)午後から、石川県立美術館の第2回日展石川会展へ。久しぶりにのんびり芸術の秋。ふと目にした勝田深氷のポスター。度肝を抜く力強いフラメンコに心奪われる。すばらしい個展だった。記念に一筆箋を購入。興奮を辻口博啓氏のパティスリ-&カフェにて癒す。 伊東深水のむすこ、朝丘雪路の弟。 続きを読む

伊藤若冲とその画業に魅せられた石崎光瑤の世界

2018年07月08日(日)

img040hk-event.jp/event/ev_detail.php?ed_no=1563
 8日(日)午前10時頃石川県立美術館へ。ここの駐車場は満車で入れないので、護国神社の駐車場に。館内はかなり混雑していたが、行列ができるほどではなかった。音声ガイド(600円)の解説を聞きながら鑑賞。ニワトリのイメージが強かったが、様々な野菜も大きく・力強く、大胆に・繊細に描かれていた。青物問屋で培われた眼力が十二分に活かされていた。やっぱり若冲はすごい。良いものを見せてもらった。
 帰りに、別所宮川でつけとろろ蕎麦を頂く。大満足。 続きを読む

東京を楽しむ 8

2018年06月01日(金)

 img021 目黒区美術館の「藤田嗣治 没後50年 本の仕事」は必見。猫や挿絵にパリの香り。鉛筆1本で描かれた裸婦に肉感。久し振りにいい物を観た。お土産にファイル。区にこんな素晴らしい美術館があることに驚く。近くにある「手打ち蕎麦小菅」の揚げナスおろし蕎麦が絶品だった。蕎麦のスプラウトが最高。 続きを読む

広重展

2018年08月19日(日)

003                                         2018.7.27.~8.26.
www.ishibi.pref.ishikawa.jp/exhibition/5507/
 19日(日)石川県立美術館の広重展へ。リアリティあふれる江戸の暮らし、風情が面白い。顔の表情と何気ない仕草が滑稽。風景の広重、緻密な描写、大胆な構図。切り立った山肌をモザイク色で難所を、そして木組みの橋桁を見上げて迫力を際立たせ。雨や雪の表現にも存在感。 続きを読む

宇野のり子 一人展

2011年04月24日(日)

宇野のり子② 宇野さんからのお便りに誘われて24日(日)に個展に立ち寄る。丹精込めた作品に囲まれて暖かい幸せな時間を過ごした。バックや額に人柄を感じるが、それに負けずにキャンバスの中でいろんな花が楽しそうに咲いていた。スイートピーの優しい水彩を1枚予約してきた。風に吹かれたつるに心惹かれる。これで2枚になる。
  水彩画 宇野のり子  風に吹かれて 続きを読む

第75回一水会金沢展

2013年12月22日(日)

土田佳代子 22日(日)、金沢21世紀美術館で開催されている「一水会」へ。毎年11月に開かれていたが、招待状が届かず、いつ開催なのかと心配していた。来年も12月になるらしい。宇野のり子さんの水平、垂直の空間描写と弓平研平氏の「雨霞む道」に心惹かれる。そして、柿木畠のボーノボーノにてランチ。土田佳代子 コンポートの薔薇 続きを読む

すみだ北斎美術館

2017年03月04日(土)

img909hokusai-museum.jp/
 4日(土)東京出張、両国のすみだ北斎美術館へ。ピーター・モースと楢崎宗重のコレクションも大公開。世界を魅了する作品の数々。精密な描写、動きの連続ワンカットに圧倒される。北斎漫画の実物に感動。富嶽三十六景など見聞きしていた優品に出会う。幼少期から90歳まで描き続けた生涯。お土産に一筆箋
 俺たちの国芳 わたしの国貞
kojima-dental-office.net/blog/20161204-6213 続きを読む

綺羅をまとう

2018年10月08日(月)

010ishikawa-rekihaku.jp/special/special_top.php?cd=2018082401
 7日(日)石川県立歴史博物館へ、「綺羅をまとう」。金沢の文化力を観る。江戸から昭和初期の豪華な歌舞伎衣装が大切に保存されている。斬新なデザイン、卓越した技術、豊富な資金力。浮世絵のイメージからは平面を想像していたが、実際には立体的に描かれている。大正初めの香林坊界隈の地図も。隣に東京国立近代美術館工芸館移転工事が始まる。 続きを読む

アンリ・リヴィエール展

2009年08月24日(月)

アンリ・リヴィエール展3 8月23日日曜日に県立美術館へアンリ・リヴィエール(1864-1951)展を夫婦で鑑賞する。北斎や広重など、浮世絵の風景画に影響を受けたリヴィエールの版画は、ホッとする色づかいに親しみと懐かしさを覚えた。特に描かれているヨーロッパの雨や雪、木立、波のしぶきの表情は、江戸文化の香りをひしひしと感じた。浮世絵を約80枚も所蔵し、日本に大きなあこがれを抱いていたリヴィエールは、さぞかし来日したかっただろうな。帰りに、はがき「建設中のエッフェル塔、トロカデロからの眺め」を購入した。 続きを読む

1 / 41234

絵と美術館 一覧