名誉院長ブログ のぼるくんの世界

小島歯科医院のWebサイト

花と畑

花と畑

畑 2017

2017年12月31日(日)

29.9.26.ササゲ②  今年は、ササゲが大活躍。若い緑色のサヤに入っている状態のときは、お浸し、和え物や天ぷら、煮物、炒め物などに使え、完熟したマメは赤飯や煮豆に。小豆は黄色の花、ササゲは薄紫色の花。グリンピースや生姜の炊き込みご飯も美味しかった。
 五郎島金時を例年より2,3週間遅く収穫したので、丸々と大きく、収穫量も多かった。来年から金木犀が咲く頃に収穫しよう。金時草が今年初めて越冬して芽を出し晩秋まで収穫できた。ズッキーニの交配をするとしないでは大きさが全く違っていた。
 今年の夏はなんか変だった。金沢太胡瓜の生育があまり良くなく、オクラも今ひとつ発育も悪くパットせず、スイカは昨年は良かったけど、今年は今ひとつだった。 続きを読む

畑2016

2016年12月12日(月)

28.8.24.スイカ 今年は春の苺・アスパラ・ネギ・玉葱・ニンニク、夏のメロン・スイカ、冬の源助大根が大豊作。加賀太胡瓜を初体験、前半は良かった。夏場天候に恵まれほとんどの夏野菜は好調だったが、胡瓜は8月にほとんど雨が降らず枯れてしまった。春先のエンドウ類定植時に強風にあおられ苗が引きちぎられた。イチジクにカミキリの幼虫が大発生。大野の里芋がいつもの種芋と違い不作。ネギと玉葱の保存方法に難点あり。 続きを読む

畑2015

2015年12月02日(水)

  今年は、グリンピースと生姜のご飯、白無花果、大野の里芋が美味しかった。アスパラ、玉葱、プリンスメロン、夏野菜が豊作。ハバネロも良くできたが、あまりにも激辛で嫁入り先探しが大変だった。ニンニクの芽、枝豆二毛作が初体験。ジャガイモの定植が早すぎて寒さに負けて葉が茶色くなった。今年もいろんな作物を畑で作ることができた。失敗を教訓に来年も楽しみたい。

スナップえんどう27.2.22.① スナップえんどう27.2.22.② 続きを読む

畑2014

2014年11月28日(金)

26.2.11.ネギ 26.2.11.鴨南蛮

2月11日(火)畑からネギを収穫し、焼くと甘味が増してうまい。寒い日に鴨南蛮は最高。 続きを読む

畑 2013年

2013年12月15日(日)

2013.10.14.塩ゆで落花生 今年の一番は落花生。塩ゆでにした大粒はビールのお供に最高だった。旬は1週間、それを過ぎると乾燥してだんだんピーナッツに。春はスナップエンドウのプクプク感を楽しみ、暑い夏にキュウリや米ナス、、子供ピーマン、ズッキーニをよく食べた。ジャガイモとサツマイモも昨年同様豊作。唐辛子と金時草もほんとに良くできた。トマトとトウモロコシはカラスに狙われた。落花生とオクラの花は、初体験だった。 続きを読む

カボチャの授粉

2012年07月22日(日)

カボチャの雌花 雄花ばかり咲いていたが、ようやく根元が膨らんだ萎れた花を見つけた。そして、蕾も。翌、22日(日)朝にカボチャの雌花が咲いた。雄花5~10コに雌花が1コの割合のようだ。花の真ん中に7コに分かれためしべがある。雄花は花粉を載せた1コのおしべがある。朝早く授粉しないとカボチャは実らない。花は昼頃にすべて萎れていた。 続きを読む

ゴーヤの雄花と雌花の見分け方

2011年07月25日(月)

雌花 ようやく雄花と雌花の見分けがつくようになる。ゴーヤは次々と花を付けるが、ほとんどが雄花で雌花はわずかだ。雌花は蕾の時から小さな実を従えていて、咲くと花の真ん中が緑色をしている。雄花は花殻をすぐに落としてしまうが、雌花は長く残っている。 続きを読む

ミョウガ

2009年07月16日(木)

%e3%83%9f%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%82%ac%ef%bc%92 夏を迎える頃、裏庭にミョウガが顔を出す。絶妙にこの時期の素麺がうまい。30度を超える真夏日の昼に、ショウガをおろし、ミョウガを刻んでおいて、素麺をゆで冷水で冷やし、するすると喉越しを楽しむ。たまらない。 続きを読む

花と畑 一覧