名誉院長ブログ のぼるくんの世界

小島歯科医院のWebサイト

ICRP・原発事故後の放射線被曝防護基準見直しに対するパブコメが掲載される

2019年09月11日(水)


www.icrp.org/consultation.asp?id=D57C344D-A250-49AE-957A-AA7EFB6BA164
Viewをクリック
 It is doubtful to take the case of emergency or recovery period after Nuclear accident as a reference-level,that far beyond the normal level. During that period,special standard which is quite higher than the normal one (1 mSv per year) is taken. It must be unacceptable for majority citizen to take that high level in nomal case, especially for ordinary people include children and pregnant women.

ICRPが放射線被曝防護基準を見直すため、現在パブコメ(英文)募集中
           パブコメの受付は今年9月20日まで
 上記のURLを開き、緑のボタン(submit comment)をクリックする。Organisationの欄では“I am replying as an individual”を選ぶ。Organisationは所属名を。

 これまでのICRP勧告では、原発事故後の緊急時には、年に100から20ミリシーベルト、回復期には20ミリから1ミリシーベルトの間に参考レベルを置き、被曝の低減に努めることを求めていた。しかし、これを、緊急時は100ミリ、回復期は10ミリシーベルトとし、下限を取っ払い実質の許容量を引き上げる方針である。これを撤回し、緊急時には20ミリシーベルト、回復期には1ミリシーベルトを堅持し、被爆の低減を守るべきである。特に、子どもや妊婦も含む一般人には、受け入れがたいものである。
 放射線の健康影響
kojima-dental-office.net/blog/20120219-4766#more-4766
 原発 いのち みらい
kojima-dental-office.net/blog/category/study/nuclear
 原発事故後の防護基準10ミリに緩和へ〜ICRP
www.ourplanet-tv.org/?q=node/2415
 年1mSvの堅持を。人々の被ばくを避けて暮らす権利の保障を
www.foejapan.org/energy/fukushima/190902.html

保険医協会の最新記事