名誉院長ブログ のぼるくんの世界

小島歯科医院のWebサイト

9割の誤嚥性肺炎はのどの力で防げる

2017年11月12日(日)


img969浦長瀬昌宏著
KADOKAWA 中経の文庫
640円
2017年10月14日発行
 嚥下トレーニング協会
www.enge.or.jp/

 のど仏の位置が低くなっても気にしている人は少ない。「飲み込み力」が弱くなったことを自覚することもなかなか難しい。しかし、40代からすでに、のどの筋力は衰え始めている。のどを意識的に動かせない人も意外と多い。飲み込むことは、患者さん自らでしか行えない動作なので、患者さんの努力なしに「飲み込み力」(嚥下機能)を高めることはできない。適切な負荷をかけて鍛えてあげると、力を維持することができる。    チェック
・のどを上下に動かせる
・水を飲んだ後、のどを10秒間上げたまま止められる

A.誤嚥性肺炎
 誤嚥性肺炎は「飲み込み力」が弱くなって誤嚥しなければ、かかるはずのない病気。
のどに唾液が溜まるようになる→夜間に唾液を誤嚥する→咳やむせが多くなる→食事の誤嚥が増えてくる→咳嗽反射が衰える→誤嚥性肺炎が起こりやすくなる
 誤嚥性肺炎と診断された後の1年以内の死亡率は17%、2年以内ではなんと50%にも達する。
 誤嚥性肺炎は、食べ物や唾液をうまく飲み込むことができるようにならない限り、炎症はずっと続く。
 口の中をきれいにすれば、誤嚥性肺炎にかかる可能性を減らすことはできる。しかし、それでも唾液が気管に流れ込むのを防ぐことはできない。

B.「かくれ嚥下障害」(軽症の嚥下障害)
 飲み込みにくくなっても、症状が目に見えにくいので、歩行や認知の異常に比べると、嚥下障害は重症化するまで気づかれないことが多い。自分では気が付かないうちに「飲み込み力」が弱くなっている軽度の嚥下障害にかかっている人が多くいる。それを「かくれ嚥下障害」と呼ぶ。
 「飲み込むこと」は誰も手伝うことができない。のどは自分だけにしか動かせない。人はたった0.5秒から1秒という短い時間で、のど(喉頭)を上げ、舌を動かして、食べ物を飲み込んでいる。
 のど仏の位置が低くなっても気にしている人はいない。のどの位置が下がるということは、のどを支える筋力が低下している証拠、飲み込みにくくなることを意味する。のどの位置が下がっていると、その分、のどをさらに上げなければならないから、余計に筋力が必要となる。40代からすでに、のどの筋力は衰え始めている「飲み込みづらくなった」と感じた時には、すでに病状が進んでいる。

C.「のどを意識的に動かす」こと、あなたはできる?
 「飲み込むこと」は「のど(喉頭)がタイミングよく動くこと」。意識しなくてもできる動作。しかし、意識しても飲み込むこともできる。呼吸と同じ。深呼吸に対して、「深嚥下」と呼んでいる。
 深嚥下とは「しっかりとのどを意識的に動かして飲み込む」こと。のど(喉頭) がしっかり動かしていれば、「飲み込み力」も鍛えることができる。のどを意識的に動かせない人は、意外と多い。「のど認知証」と呼ぶ。
 ボイストレーニングをしている人は、すぐにのどを意識的に動かすことができた。声帯は喉頭にあるため、声帯を意識的に動かすことに加えて、喉頭も動かしている。特に、高い声を出すと、のどの位置が上がるので、のどの筋肉を鍛える効果がある。

D.「飲み込み力」を改善するための3つのステップ
 1.嚥下の仕組みを理解する
 のど(喉頭)の位置が分かれば、どのように動いているか、具体的なイメージを思い浮かべることができるようになる
  ①嚥下に関わる体の構造を知る
    喉頭が上がると、食道の入り口が開き、食べ物が食道に入る。
    喉頭がそのままの位置にあると、気管に吸気が入るようになっている。
  ②どのように飲み込んでいるか?
    飲み込む行為はマヨネーズのチューブをしぼる動きと同じ
   ・のどの空間を絞り込み、食べ物を食道に送り込む
    舌を後ろに動かし、喉頭を上げ、のどの中を狭くする。
    ギュッと狭くする圧力によって、食べ物を食道へと運んでいる。
   ・食べ物がのどに入っても、喉頭が動かなければ食べ物はそのまま
    のどの空間に溜まる。
      ・喉頭蓋を反転させることによって、気管に食べ物を入れないようにする
    声門を閉じ呼吸を止める
  ③「飲み込み力」が弱くなる5つの理由
   ・飲み込む動きが遅くなる
   ・のど(喉頭)の位置が低くなる
   ・のどの感覚が鈍くなると、嚥下反射が起こりにくくなる
           ・飲み込むタイミングを合わせられない
   ・食道の入り口が開きにくくなる

 2.自分の「飲み込み力」を把握する
   ・のどを上げて止められれば、「のどの認知症」ではない。
   ・のどを指で押さえて左右に5ミリずつ横に動かせられればOK。

 3.嚥下トレーニングで「飲み込み力」を鍛える
 適切な負荷をかけて鍛えてあげると、力を維持することができる
  ①水なしゴックン(空嚥下)ができるようになる
      ・のどを触り動いていることを確認する
      ・のどがどのように上下に動いているのかを理解する
      ・首のどの筋肉に力を入れているのかを確認する
      ・使っている筋肉に意識的に力を入れる
      ・水の量をできるだけ減らし、のどを上げる
      ・水無しでゴックンする
  ②のどを上下に動かせるようになる
    実は意外と難しい、のどの上げ下げ
   ・のどを上げる   水なしごっくんができれば上がっている
   ・のどを下げる   意外とできない、のどを上げた後に力を抜く
   ・のどを上げ下げする、幅を広げる  ゆっくり動かしたり、速く動かしたり
                        できるだけ大きく動かす
  ③のどを上げ、そのまま止められるようにする
   ・少量の水をごっくんし、そのまま、使った筋肉に力を入れ続ける
   ・慣れてきたら水なしでのどを上げたまま止める
    10秒間キープする→勢いよく息を吐き、気管に飲み物が流れ込むのを防ぐ
    ④正しい飲み込み方を身につける
   ・あごを引くことと、のどを上げることのタイミングを合わせると、
    うまく飲み込むことができるようになる。
   ・飲み込む瞬間、人は呼吸できない。飲み込む直前、人は息を吸う。
    そして、飲み込んだ後は、息を吐く。人は、これらの動作を無意識に行っている。

《しっかり飲み込めるようになるための3要素》
 1.筋力  のどを上げる筋力をアップさせる
      意識的にのどを動かす、のどを上下に動かす、のどを上げて止める
      普段以上にのどを動かす、負荷をかける
 2.感覚  のどの感覚を鋭くする
      ものがのどの中に入るのを「感じる」
      普段から「のどごし」、食べ物や飲み物の温度や硬さ、味などを意識することができれば、より感覚を鍛えることができるようになる
 3.タイミング  のどを上げるタイミングを体に覚えさせる
   飲み込む瞬間にあごを引くと、タイミングを覚えることができる
   飲み込む瞬間にあごを引くと、タイミングを覚えることができる。

《のどが上がったまま止まっているかを確認する方法》
 ①のどが上がっている間は呼吸できない(息を止めるとのどが上がるわけではない)
 ②舌の奥からのどの上の間の筋肉に力が入っている
 ③首のすじがピンと張る
 ④のど仏が上に動く
 ⑤のどのへこみが触れられなくなる

「飲み込み力」の低下が分かる自己チェック
《「飲み込み力」の低下が分かる10の症状》
   ・痰がのどによく溜まる
   ・唾液が多いと感じることになった
   ・声の感じが依然と変わってきた
   ・食事中や食後に、よくむせるようになった
   ・咳払いをすることが増えた
   ・寝ている時に、よくむせるようになった
   ・飲み込む時に、引っかかる感じがする
   ・のどがつまった感じがする
   ・液体のほうが固形物より飲み込みにくい
   ・食べ物や飲み物が鼻に流れてくる
 評価
    0~1 →今の段階では、「飲み込み力」はしっかりしている
    2~4 →少し「飲み込み力」が弱くなっている
    5~7 →かなり「飲み込み力」が弱くなっている
    8~10→すでに嚥下障害になっている可能性がある

《「飲み込み力」の低下が分かる10の体のチェック》
   ・空嚥下ができる
   ・のどを上下に動かせる
   ・水を飲んだ後、のどを10秒間上げたまま止められる
   ・舌をしっかり動かせる
   ・口を開けて、スプーンでのどの奥を突くと「うえっ」となる
   ・噛み合わせがしっかりしている
   ・首に柔軟性がある
   ・のどを支える筋肉に柔軟性がある
   ・声を長く出し続けられる
   ・姿勢がよい
 評価
    10 →今の段階では、「飲み込み力」はしっかりしている
    8~9→少し「飲み込み力」が弱くなっている
    5~7→かなり「飲み込み力」が弱くなっている
    0~4→すでに嚥下障害になっている可能性がある

ヘルスカウンセリングの最新記事