名誉院長ブログ のぼるくんの世界

小島歯科医院のWebサイト

人事管理のノウハウを学んで

2000年03月25日(土)


成果に応じた、これからの賃金システムの考え方
  成果に対する公正な評価が従業員のやる気を引き出す
講師      株式会社ヤギコ-ボレ-ション
        総務チ-ムリ-ダ- 八木 良樹
開催日時   2000年3月25日土曜日 午後7時から午後9時
開催場所 石川県保険医協会 会議室
参加対象 会員のみ
参加費  無料 
主催  石川県保険医協会歯科部

 業種を問わず厳しい競争時代 を迎えている現在、企業は限られた人数の従業員の能力や意欲、やる気を最大限に高めていくために、仕事における成果を公正に評価できる賃金システムを模索している。年功序列、同時入社同賃金、毎年上昇する基本給から、能率給へと移行しつつある。機械大手のコマツは今春から英語検定試験TOEIC500点を課長昇進の必要条件にした。
 歯科医院の経営も厳しい環境を見据えて、院長だけでなく従業員の意識改革を図り、鍛え直していかなければならない。これからの医院を発展させていく推進力は、高い意欲を持った人材をいかに育てていくかにかかっている。そのための環境整備をする時期に来ている。
 今回は外の世界を見渡して、先駆けて実践している企業に実際の給与体系や考え方を伺い、また、歯科界は小さな歯を診すぎているので、世の中の外気に少し当たってみようと企画してみた。講師には株式会社ヤギコ-ポレ-ションの総務チ-ムリ-ダ- 八木 良樹様をお迎えして、3月25日土曜日 午後7時から午後9時まで、都ホテルにおいて人への投資のあり方についてお話をいただいた。開場には10数名の熱心な歯科医が集まった。管理職のあり方、職務調査、マニュアルの整備、昇格、昇級のあり方など具体的に話があり、あっという間に1時間が過ぎ、後半の活発な質疑応答は久しぶりに盛り上がった。 新鮮な心地よさが名残惜しかった。早速従業員がどんな仕事をしているのかピックアップし、マニュアルの整備に向けてコミュニケ-ションをはかっていきたいと思い始めた。毎年の目標設定や研修会参加のポイント制等も検討していきたいと思う。

医院経営セミナーの最新記事