名誉院長ブログ のぼるくんの世界

小島歯科医院のWebサイト

皆のために何が

2000年01月25日(火)


 日本の企業はバブルの崩壊以来、よりいっそうコスト削減、リストラなど競争に勝つことだけを考え、効率だけが価値判断基準となり、モラルを忘れてきた。「皆のために何が」を考えるべき時期に来ている。歯科界も荒波が押し寄せ、厳しい冬の時代を迎えている。患者を忘れ、サ-ビス業に走り始めようとしている。
 お正月のテレビ対談で、中坊 公平氏は「弁護士と牧師と医者は他人の不幸で飯を食っている。」と語る。医療は経営も大事だが、思いやる心をより大切にと改めて考えさせられた。ある意味で、聖職者として先駆的に役割を示すべきだ。人、物、金、の順序を忘れてはいけない。
 利潤を追求したり、豪華な設備に目を奪われないように、働く人たちに投資していきたい。また、患者への思いやりがあり、その次にどうしようかと考え、その中の一つにハブラシがある。患者の言いなりに魔法のハブラシを売るわけではない。本当に患者のためになることを考え、自分が納得する仕事をしていきたい。
 先の読めぬ世の中、現場の体験から模索し、多方面の方々と話し合い、他業種の人たちとの連携を志し、自分にもチャンスを与え続けていきたい。

持論の最新記事