院長ブログ のぼるくんの世界

小島歯科医院のWebサイト

  • 箱根
  • 蔦沼
  • スライド1

屋久島の旅

2017年05月12日(金)

197                                       2017.5.9.~12.
 樹齢7200年の縄文杉をこの目で見ようとあこがれの屋久島へ。そして、今年2月に訪れた自然生成エネルギーの国、ニュージーランドの次は屋久島。大手電力会社に依存しない、100%自然エネルギーの島、屋久島。月の35日が雨と言われる島、年間総雨量は人が暮らす外周部で4000~5000mm(他の地域の2~3倍)山岳部になると10000mm。島への出入りは雨で大変だったが、島にいる2日間は青空だった。朝3時起床、登山口から6時出発、縄文杉トレッキング、約22キロ標高差700メートル、11時間4万歩。7200年の生命力との出会いが、足腰の痛み、体幹維持の限界を吹き飛ばす。

 屋久島の電力
greenz.jp/2015/03/01/yakushima/
 ニュージーランド2017
kojima-dental-office.net/blog/20170223-6877

9日(火)
 7時半過ぎにレクサスにて小松空港へ。羽田で乗り換え、順調に鹿児島へ。屋久島へは条件付きで飛行するも、屋久島視界不良のため着陸できず鹿児島に引き返す。屋久島空港には管制塔がなく、プロペラ機を有視界飛行で着陸できるベテランパイロットが担当しているが、滑走路を目視できなければ着陸しないとのこと。思わぬ事態に今後の緊急対応が迫られた。
   ・明朝の高速船で屋久島へ向かう
   ・鹿児島本港近くのホテルを探す
   ・空港から港までの高速バスの時刻を調べ移動する
   ・近畿ツーリストに依頼する
      今日の宿泊キャンセルと、明早朝と2日目午後の予定入れ替え
     教訓
   離島は飛行機より船を第一選択にすべし
002 004 005

 ホテルに到着後、鹿児島市天文館の魚将「さかなちゃん」へ。熟練した板さん、中央に生けす、囲むカウンター、活気ある店内。ゾウリ海老の味噌汁は最高。美味い魚に大満足。トラブルを吹き飛ばす。

活魚料理「さかなちゃん」 007 華あじ① 華あじ②  ゾウリ海老① 011 キビナゴ 015 メヒカリ 017  ゾウリ海老② 鯛飯

 ホテルサンフレックス鹿児島
www.ikyu.com/biz/00080947/?ikyh=p__s_accnm&ikCo=ik000407
 魚将「さかなちゃん」
tabelog.com/kagoshima/A4601/A460101/46000126/
 華あじ
www.marukei-a.com/?pid=68783307
 ゾウリ海老
www.zukan-bouz.com/syu/%E3%82%BE%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%93
 キビナゴ
gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1315/
 鯛飯
 メヒカリ
www.zukan-bouz.com/syu/%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%83%A1%E3%82%A8%E3%82%BD

10日(水)
 6時起床、7時ホテルチェックアウト。おにぎりをコンビニで調達、本港南埠頭から高速船に乗り屋久島へ。ようやくに着いた。バナナの花を始めて見る。荷物を屋久島観光センターに預け、周辺を散策。天麩羅うどんで一息。
032 036 038 040 041 044

 午後、白谷雲水峡へ。車で現地まで。途中、眼下に宮浦港。快晴、今日は飛行機が気持ちよさそう。小型化したヤクシマザルもお出迎え。山岳ガイドと一緒に管理棟から往復3時間トレッキング。岩登りからスタート。森林浴や苔むすジブリの世界、川の水の響きに癒される。ゆったりとした清々しさに満足。切り株の上に発芽・生育する風土に生命の神秘を感じる。サクラツツジやスミレにホッとする。帰り道、ゆずのプロモーションビデオ撮影に出会う。
046 052 049 055 056 058 113   063   090 072 091 094 100 104 059 067 074

夜、グリーンホテルにて会食。〆のトビウオ茶漬けが抜群。

116 亀の手 118 120 124 125

 白谷雲水峡ツアー 12:30~17:30
www.yakushima-guide.com/forest/s_shiratani.html
 ゆず
www.senha-yuzu.jp/

11日(木)
 縄文杉日帰りトレッキング 4:30~18:00
www.yakushima-guide.com/forest/s_jomon.html
 3時起床、準備を整え、弁当受け取り、4時半出発、送迎車で登山口へ向かう。朝食をとり、準備体操。8人パーティ、昨日と同じガイドさん。6時、荒川登山口からトロッコ道を歩き始める。枕木の間隔が不規則なので、テンポがつかめず歩きにくい。橋の上は踏み外さないように慎重に。それでも快晴なので身も軽い。風も気持ちよい。ヤクシマアジサイにホッとする。しっぽが白い、お腹の大きいヤクシマシカが出迎えに。

129 131 136 137 140 141 147 156 132 

 三代杉、仁王杉(吽形は数年前に倒木)、翁岳

151 153 154 160 161 162

 1時間に5分の休憩は、栄養・水分補給とストレッチ。約3時間少し、トロッコ道終点、ようやく大株歩道入り口。トイレ休憩。さあこれから本番の山登り。3分、15分、7分の地獄の1丁目、2丁目、3丁目。一歩一歩足場を確認し、捕まれるものが有れば捕まって登っていく。

164 165 166

ウィルソン株、空洞内のベストポジションを捜せ。江戸時代に伐倒された切り株も多い。

171 170 176

 樹齢3000年の大王杉、縄文杉が見つかるまでは最高齢。近づけるから迫力がある。

181 179

 養分や水のやりとりもしている夫婦杉と触ると授かる子宝杉。種類の違う木々はしっかりとくっつかない。

186  190 189 

水場でお弁当、10分。さあ、あともう少し。縄文杉、感動の拍手が鳴り響く。感無量、達成感。

198 199 200 207 209 210

 帰り道、滅多に見られない現役トロッコに遭遇。岩肌にモウゼンゴケ

220 227 235 237

 6時ホテルに無事帰還。疲労困憊、立ち上がりに一苦労。足パンパン、風呂でふくらはぎを温冷法。食欲もわかない。それでもトビウオの刺身と、黒豚の角煮は美味かった。

240 244

12日(金)
 入りの苦労に懲りて、島からの脱出に天気悪化を予想して飛行機を信用せず船を選択。黒豚カツ丼に満足。しかし、鹿児島空港は大丈夫と思っていたが、使用する飛行機が濃霧による視界不良につき着陸できず1時間も遅延。またもやヤキモキ。羽田で乗り継ぎできなかったが、最終便に空席が奇跡的にあり、その日のうちに帰れた。

248 250 252 253 257 259 261

スケジュール(予定変更)
9日(火)
 小松  9:35発 JAL184便 10:45着 羽田
 羽田 11:45発 JAL647便 13:30着 鹿児島
 鹿児島 14:50発 JAC755便 15:30着 屋久島(16:00着 再び鹿児島へ)
 ホテルサンフレックス鹿児島に宿泊
www.ikyu.com/biz/00080947/?ikyh=p__s_accnm&ikCo=ik000407

10日(水)
 鹿児島07:45発 高速船トッピー 09:45着 屋久島
 屋久島グリーンホテル
www.yakushima-gh.com/index.html
 縄文杉日帰りトレッキング 4:30~18:00
 (白谷雲水峡ツアー 12:30~17:30

11日(木)
 白谷雲水峡ツアー 12:30~17:30
 (縄文杉日帰りトレッキング 4:30~18:00

12日(金)
 屋久島 14:30発 JAC3748便 15:05着 鹿児島
   (屋久島  10:45発 高速船ロケット 12:35着 鹿児島)
  (高速船ターミナル 12:50発 高速バス 13:00着 空港)
 鹿児島 16:00発 JAL650便 17:40着 羽田
  (鹿児島 17:05発 JAL650便 18:40着 羽田)
 羽田 18:05発 JAL191便 19:05着 小松
  (羽田 19:55発 JAL738便 20:55着 小松)

 

 

すべての疲労は脳が原因

2017年03月15日(水)

すべての疲労は脳が原因著者 梶本 修身
発行 集英社新書
本体価格 700円
発行 2016年4月20日
1.体の中で一番疲れやすいのは、「脳の自律神経の中枢」
 ヒトは、運動を始めると、数秒後には心拍数が上がり、呼吸が速く大きくなる。また、体温の上昇を抑えるために発汗する。それを1000分の1秒単位で制御しているのが「脳の自律神経の中枢(視床下部や前帯状回)」。運動が激しくなると、ここでの処理が増加する。その結果、脳の細胞で活性酸素が発生し、酸化ストレスの状態にさらされることでさびつき、本来の自律神経の機能が果たせなくなる。これが、「脳疲労」。その時に「体が疲れた」というシグナルを眼窩前頭野に送り「疲労感」として自覚する。
 疲労が起こるのは主に自律神経の中枢、その疲労を自覚するのは眼窩前頭野、それぞれ部位が異なる。脳の老化を防ぎ、高齢になっても認知機能を保っておくには、毎日の生活で脳疲労を溜めない工夫が必要である。 続きを読む

俺たちの国芳 わたしの国貞

2016年12月04日(日)

005www.ntv.co.jp/kunikuni/
 4日(日)シルクドゥ・トレイル トーテムを体験のため名古屋へ。時間があったので、急遽、名古屋ボストン美術館へ。浮世絵の世界。二人の個性を楽しむ。膨大な所蔵品に驚く。精密な描写、デザイン、迫力、色遣いは感動もの。江戸の文化、暮らし、ファッションを身近に体験。海外流出に残念な気持ちはあるが、色鮮やかな保存管理に感謝。 続きを読む

一献 4

2016年06月06日(月)

鰯のつみれ(白うり、もみじ麩)www.ikkon-kanazawa.net/
 6日(月)診療後、家族3人でミシュランガイド2つ星の「一献」へ。一日早い誕生日と受賞のお祝いに。定番のつみれに凝縮される技。素材の目利き、洗練された風味、季節の器、そして何よりの優しさ。花板のご両親とその友(台湾からのご夫婦)との談笑も楽しかった。 続きを読む

SHIHO&桑原あい

2017年02月23日(木)

562 23日(木)もっきりやにてSHIHO&桑原あいデュオ。衝撃のピアニストに出会う。キース・ジャレットが頭をもぎる。世界へ飛び立つ予感。真剣勝負の鍔迫り合い、白刃・個性のぶつかり合う閃光は鳥肌もの。
 昨年末のフライドプライド解散に心痛めていたが、もつきりやに凄い奴と戻って来た。ニュージーランドの疲れも吹っ飛ぶ。
 ジョンレノンのイマジン、おぼろ月夜に、もらい泣き。 続きを読む

金城大学ダンス部第14回定期公演

2016年12月25日(日)

%ef%bc%91%ef%bc%94%e5%9b%9e%e5%ae%9a%e6%9c%9f%e5%85%ac%e6%bc%94%e2%91%a0 25日(日)クリスマス、晴れ時々小雨。白山市松任文化会館にて金城大学ダンス部第14回定期公演を鑑賞。毎年年末の恒例行事。もう9年も来ている。今年の特徴は、18代目部長への信頼感から生まれるチームワーク。数々のパワフルなキレの良いダンスが素晴らしかった。喜怒哀楽の表現や優雅なバレーも盛り込まれていた。スポットライトの使い方が刺激的だった。今回初めて顧問のパフォーマンスが観られなかった。パンフレットとチケットのデザインが変わった。ビートに乗ってウキウキ元気になった。 続きを読む

ニュージーランド 2017

2017年02月23日(木)

478 ルートバーンとフッカーバレーを歩く
2017年2月15日(水)~2月23日(木)
 先住民族と自然を大切にする国、ニュージーランドへ。スローガンに終わらず、実行されている。例えば、マオリの言葉アオラキがマウントクックの前に付いている。ラクビー オールブラックスのマーク、シダはマオリに生きる力を教えてくれたもの。試合前に舞う「ハカ」のかけ声は、キャプテンや優秀な選手ではなくマオリの血を受け継ぐものだけに許されている。また、電力の8割は自然再生エネルギー(6割が水力)で賄っている。外来種を入れない徹底した水際対策。登山靴の検疫がビックリするくらい厳しい。20年ぶりに訪れたハミテージホテルからフッカー氷河湖までのハイキング道は、吊り橋の付け替えと木道の新設以外にほとんど変わっていなかった。綺麗に咲いていた外来種ルピナスが駆除されかなり減っていた。自然を守るためには、美しいけれどもやむを得ない。相容れない葛藤がある。 続きを読む

高橋 源一郎氏

2016年02月27日(土)

高橋 源一郎民主主義ってなんだ?
― まだこの国をあきらめないために―
石川県保険医協会第 4 2 回定期総会 記念講演
講師 高橋 源一郎 
日時 2016 年2/27(土)午後7 時~午後9 時
会場 金沢都ホテル 地下2 階・セミナーホール
    (金沢市此花町6-10 電話076-261-2111)
参加無料 申し込みが必要です。先着250名。
主催 石川県保険医協会 続きを読む

母と子のよい歯のコンクール

2008年08月22日(金)

母と子のよい歯のコンクール 平成20年度「第57回母と子のよい歯のコンクール」の表彰式が、8月22日(金)午後1時30分から石川中央保健所河北地域センターにおいて行われました。石川県歯科医師会長賞に選ばれた4歳の女の子とお母さんに表彰状と記念品を石川県歯科医師会会長に代わって河北歯科医師会会長として贈りました。河北地域管轄では初めての快挙で誇らしくうれしかったです。きれいな歯と歯並びそしてすばらしい笑顔の親子でした。ほんとうにおめでとう。審査の時に使われた母と子の上下全歯顎模型を記念に大事にそうに持ち帰りました。これからも口の中に気を配り、ゆっくりと、大きなものやいろんな素材を奥歯でしっかり噛んで食事してください。食べることは楽しくて素敵なことです。いつまでも健康な歯と歯茎で、子どもと一緒に語り合いながら食卓を囲んでほしいです。

男の作法

2009年10月25日(日)

男の作法池波正太郎著
新潮文庫
昭和59年11月25日発行
438円

 池波正太郎の「若い友人」佐藤隆介氏の様々な質問に答えられたものが、きわめて具体的に男の生き方を教えるこの一冊になっている。食卓の礼儀作法に始まり、人事、組織、贈り物、小遣いなどなど。引き戸や畳などの日本の家についても語る。自分を知り、自分本位ではなく、他人を思いやり、気をまわす日本の心に触れたように思う。 続きを読む

1 / 5312345...102030...最後 »