Facebook 名誉院長ブログ

歯ぎしりをしていませんか

2020年06月26日(金)


ウェアラブル筋電計 自宅で筋電図測定が可能になりました。携帯型筋電計を用いて咬筋相当部皮膚に表面電極を貼付し、夜間睡眠時の筋活動を記録します。そのデータを歯科医院の専用ソフトウェアにて自動抽出・解析し、歯ぎしりの有無、程度を評価します。1時間当たり4回以上の場合は歯ぎしりの可能性が高いと診断します。(施設基準を申請中)筋電計による歯ぎしり検査実施に当たっての基本的な考え方
 睡眠時歯科筋電図検査
www.gcdental.co.jp/sys/data/item/doc/1593/
 使い方動画
api01-platform.stream.co.jp/apiservice/plt3/MTUyOQ%3d%3d%23MTUwOQ%3d%3d%23280%23168%230%233FE7A0D9E400%23MDoyOjc6YTpmOzEw%23
 施設基準
kouseikyoku.mhlw.go.jp/tokaihokuriku/gyomu/gyomu/hoken_kikan/000150170.pdf
kouseikyoku.mhlw.go.jp/tokaihokuriku/gyomu/gyomu/hoken_kikan/shitei.html

歯ぎしりによる悪影響
 1.歯が磨り減る
   ・咀嚼機能が低下する
   ・正しい噛み合わせの位置が分からなくなる
 2.歯周病が悪化する
 3.知覚過敏を起こしやすい
   ・楔状欠損 咬合力によって起こる歯頸部の歯質の破壊
 4.顎関節症の原因になりうる
 5.肩こり・頭痛をおこす
 6.歯並びが変化する
 7.消化不良を引き起こしやすくなる
 食べる働きの検査
kojima-dental-office.net/20180410-4208#more-4208

顎関節症・咬合治療の最新記事