Facebook 名誉院長ブログ

当院での「お口の機能を育てましょう―歯科医師からのメッセージ」活用方法

2020年05月03日(日)


注文書「お口の機能を育てましょう(改訂版)」kojima-dental-office.net/20130619-1477#more-1477
 「4歳になってもクチャクチャと音をたてながら食べる」「いつまでも飲み込まない」「よく噛まずに丸飲みする、流し込んで食べる」「食パンの軟らかいところだけ食べて周りの耳を食べない」「ピザをかぶりついて食べずに一口サイズに小さく切って食べる」「奥歯をうまく使って食べられない」等、当院にも子どもたちの食行動に関する様々な相談が保護者から寄せられます。
 4歳になるがクチャクチャ食べが治らない
kojima-dental-office.net/20181017-4489
 そのときに私がお伝えするのは、「子どもの口腔機能は生まれつき備わっているわけではなく、訓練によって身に付くものであり、成長段階に合わせた食べさせかたが大切。食べる働きは、年齢に関係なく学習によって覚えられる」ということです。それらをイラストや写真を用いて、分かりやすく解説しているのが本書です。離乳準備期、離乳完了期、幼児食期等、子どもの口腔機能の発達段階に合わせて、歯科医師からのアドバイスを簡潔に掲載しています。
 特に重宝しているのは、妊産婦、乳幼児や就学児の歯科健診での指導の際です。本書を見せながらアドバイスをすると、保護者からは「もっと早く知りたかった」「子どもの成長を促すヒントが散りばめられていた」「イラストが分かりやすかった」等の声が多く聞かれます。
 このほか、保育所の職員研修会や地域の離乳食連絡会での共通理解のための資料として、さらには保育士、看護師、栄養士等を対象とした“乳幼児期の食事とお口の働き”に関する講演会に呼ばれたときにも好評です。
 今回発刊された改訂版は、食物アレルギーや食具の使用時期に関するアドバイスも掲載され、内容がさらに充実しました。皆さんも是非、健診や教育・食育に携わる様々な職種の方との連携の場で活用いただければと思います。

食育プロジェクトの最新記事