Facebook 名誉院長ブログ

考えるペリオドンティクス

2018年09月30日(日)


病因論と臨床推論から導かれる歯周治療
講師:高橋 慶壮氏 奥羽大学歯学部歯科保存学講座歯周病学分野教授
日時:2018 年9 月30 日(日) 9:30~12:30
場所:ホテル金沢4 階エメラルド
    金沢市堀川新町1-1(金沢駅東口から徒歩1 分)
対象:会員医療機関の歯科医師およびスタッフ
定員:100人
参加費:無料
申込:必要事項を記入の上、FAX 詳しくは講演会チラシ
主催:石川県保険医協会
メモ
 昨年の講演会「考えるエンドドンティクス」
kojima-dental-office.net/20171210-3980#more-3980
1.歯学部教育
  ・戦後、米国の医学が欠落した、技工士学校型歯科大学をモデルに、
   日本流に細分化して多くの講座がある歯科大学を作った。
  ・生命科学としての歯科医療が十分に普及していない
  ・保険点数も未だに補綴治療偏重の傾向が強い
    歯内療法や歯周治療は後回しにされている
    基本に忠実に、正しいことを正しく行う
        ・1993年当時、イギリスグラスゴー大学歯学部の講座は4つだけ。
          Adult Dental Care
      保存修復、歯内療法、歯周病学、補綴
    Child Dental Care
            矯正、小児歯科、予防
    Oral Surgery and medicine
            口腔外科と口腔内科
    Oral Science
      基礎歯学
   *これに付け加えるとすれば高齢者歯科
   *基礎と臨床が別々に研究
2.歯周病とは
  ・セメント質が剥離すると、急速に進行する
  ・病因論  プラーク→リスク因子→多因子
     ・健康寿命に貢献できる  できるだけ上流で止める
     ・糖尿病と歯周病 脂肪細胞と歯周炎由来のTNF-α
  ・28本の歯に5mmの歯周ポケットがあれば、手のひらサイズの潰瘍がある
  ・ライフイベントにより、悪化、停止、良好
  ・付着上皮部に潰瘍が形成され、出血が見られる。
    鉄を含むので細菌の栄養になる
3.歯周病学と歯周治療学
  ・患者との協力体制  口腔清掃レベルと健康文化レベル
    予後は患者の協力度に依存している
  ・チーム医療
  ・キュレッタージには拡大鏡とペリオプレーニングバーを使う
          →骨縁上の結合組織の付着を損傷しないように
  ・歯周治療のオプション
            感染源の除去
            咬合力の制御
            歯周組織の再生
            機能回復
            審美的回復
  ・バイトプレート、部分層弁、インプラントが残存歯を守る
  ・歯周病が、慢性歯周炎と侵襲性歯周炎とに細分類されていたが、
    分類がStage Ⅰ~ⅣとGrade A~Cに変わる
    Ⅰ 歯冠側に限局する組織破壊、
    Ⅱ PD<5mm, 歯周炎による喪失歯は無い
    Ⅲ 歯根半分以上の組織破壊、根分岐部病変や骨内欠損、
    Ⅳ 歯周炎による5本以上の歯の喪失、口腔機能の低下
    Grade A~C 歯周炎の進行速度、リスク度
  *トラブルが多い  治療費を出すが、指導を守らない
4.科学の営み
  ・論文を鵜呑みにしない
    どんな患者を対象にしているのか
    自分の臨床に当てはまるのか
  ・理論の誤りを見つけようとすることから知識は進歩する
  ・「反証可能性」こそ科学の証→自分自身の臨床データを持つこと
    日本文化に根付きにくい
   *アメリカでは訴訟関連のため長期症例は5年
5.インプラント
  ・問題が起きてくるのは3年以内
     ・チタンの除染→GBR

呼びかけ文
 「戦略の誤りを戦術や、まして戦闘で補うことなどできはしない。」とは、ある本からの引用だが、私達の日々の診療に置き換えると、診査、診断に続く治療方針の誤りは、治療法の選択や実際の治療技術で補うことなどできない、ということになるのだろう。
 しかしながら日々の診療での治療成績の差は、一体どこで生じるのだろう?
 昨年のご講演は歯内療法だったが、今回はペリオで。今春、クインテッセンス出版から上梓された「考えるペリオドンティクス」の著者でもある高橋慶壮先生に、歯周治療のポイントについてご講演いただけることとなりました。ふるってご参加いただき、日々の診療にお役立てください。

 この講演会は「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」(か強診)の施設基準に定められた「歯科疾患の重症化予防に資する継続管理に関する研修(口腔機能の管理を含む)」にも位置づけています。
 修了証は、保険医協会の会員の歯科医師で、希望者にのみ発行いたします。途中入場・途中退出をされた場合は、修了証は発行できませんので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

日本歯周病学会常任理事(口腔インプラント委員会委員長)日本歯科保存学会常任理事、日本顎咬合学会指導医、米国歯周病学会(AAP)国際会員、国際歯科研究会(IADR) 会員
【主な研究領域】
歯周病学、歯内療法学、口腔インプラント治療学、国際英語論文49 編

【ご略歴】
1988 年 岡山大学歯学部歯学科卒業
1992 年 岡山大学大学院歯学研究科修了博士(歯学)
1993 年 英国グラスゴー大学歯学部(Prof. Denis F. Kinane に師事)
1996 年 岡山大学歯学部助手
1999 年 明海大学歯学部講師
2006 年 明海大学歯学部助教授
2007 年 奥羽大学歯学部歯科保存学講座歯周病学分野教授(~現在)

【主な著書】
高橋慶壮「考えるペリオドンティクス-病因論と臨床推論から導かれる歯周治療-」(クインテッセンス出版2018)、高橋慶壮「考えるエンドドンティクス―根管形成と根管充塡の暗黙知と形式知―」(クインテッセンス出版2015)、高橋慶壮「歯内療法における臨床思考の技術」(デンタルダイヤモンド社2014)、高橋慶壮「歯周治療失敗回避のためのポイント33~なぜ歯周炎が進行するのか、なぜ治らないのか~」(クインテッセンス出版2011)、高橋慶壮、吉野敏明編著「エンド・ペリオ病変の臨床歯内-歯周複合病変診断と治療のストラテジー」(医歯薬出版2009)、高橋慶壮「歯内療法失敗回避のためのポイント47~なぜ痛がるのか、なぜ治らないのか~」(クインテッセンス出版2008)、平井順、高橋慶壮「臨床歯内療法学–JH エンドシステムを用いて–」(クインテッセンス出版2005)

29日(土)木倉町の八十八にて高橋慶壮氏を囲む会。秋の美味しさを頂く。
 前回の八十八
kojima-dental-office.net/blog/20171206-8332

001 004 007 008 011 013 014 018 021

松茸

のど黒寿司
胡麻豆腐
イクラ、栗
白子
蟹炒飯
葡萄

 

歯周治療の最新記事