Facebook 名誉院長ブログ

予防接種のための免疫学②

2017年07月11日(火)


 免疫グロブリンと多様性
    ・Toll-Like Receptors
    *抗体の多様性と可塑性の仕組み
    ・赤ちゃんが生き残る仕組み
講 師  谷内江昭宏氏(金沢大学医薬保健研究域医学系 小児科学教授)
と き  2017年7月11日(火)午後7時半~午後9時
ところ  石川県保険医協会・会議室
対 象  会員医師、会員歯科医師(定員20人、参加費無料)

 ワクチン接種によって感染機会が少なくなってきたので、社会全体として免疫力が弱くなっている。例えば、水痘にかかる人が少なくなり、帯状疱疹になりやすくなる。母親の免疫記憶を受け継ぐ赤ちゃんにも影響が出始めている。また、その病気自体が少なくなるとルーティーンとして検査しなくなる。ツベルクリン反応を調べなくなり、結核を見落としたり、診断も遅れる。一方向からだけではなく、様々な観点からワクチンについて考える必要がある。

メモ
img934前回のおさらい
  ①自然免疫と獲得免疫
   参考に
 予防接種のための免疫学①
  免疫学総論ー基礎の基礎
kojima-dental-office.net/20170425-3711
  ②病原体によって働く免疫システムがちがう
    重症化する時は、その免疫部分に問題があることも(免疫異常症)
    免疫システムには得意不得意がある

1.Toll-Like Receptors
   自然免疫を作動させる働きがある
 ①共通構造を認識 = おおざっぱ
   抗原抗体反応(決まったペプチドを認識)のようなガチガチではない
 ②インフラマソームによる炎症制御機構
   2つの回路からの刺激がないと炎症が起きないようになっている
    センサー1からの刺激で前駆物質まで
    センサー2からの刺激で炎症が起きる
    暴走を防ぐ
   img935

2.抗体の多様性形成
   獲得免疫
  免疫グロブリン
  ・構造  重鎖(長い)と軽鎖(短い)
       可変部(抗原結合部位)と定常部(抗体機能決定部位)
  ・機能  病原体が小さければ中和、大きければオプソニン化して貪食
  ・役割分担  初期感染       IgM
         消化器・気道  IGA
                  全身(血液)    IgG

 ①遺伝子
    ・遺伝子と蛋白が1対1では抗体産生を賄いきれない
    ・B細胞だけが遺伝子の4つの領域からそれぞれ1つを選択し、
     遺伝子として再編成できる。それによって多様な抗体を産生
img936

 ②重鎖・軽鎖の組み合わせ
   潜在能力を持っている
 ③接合部の多様性
 ④抗原特異性の微調整
   遺伝子ができあがっても変位を起こしやすくできている

3.赤ちゃんが生き残る仕組み
 ①免疫の記憶と発達
    ・母からもらう免疫の記憶
        母親がはしかなどに感染していない事により少なくなっている
    ・自分で創る免疫の記憶(免疫発達)
 ②未熟
    ・基本スペックのみ
    ・使いこなしたパソコンよりも、新のパソコン
    最初はもたもたしていても、どのような環境にも柔軟に適応できる方が強い
        頑固で融通が利かない状態になると、環境の変化に対応できない

歯科に必要な一般医学の最新記事