Facebook 名誉院長ブログ

ポカンX

2011年01月19日(水)


上下の口唇が接触している感覚を養うトレーニング装置
ポカンX 最近、熱中時に口をポカンと開けていたり、口唇に元気のない幼児や児童が増えているように思う。また、口呼吸の子どもたちも目につくようになった。そんな時に「ポカンX」を勧めている。テレビを観ている間などに30分ほど、家族揃ってそれを意識して唇で挟んでもらっている。一人ではなかなか続かないし、みんながおしゃべりしている時に辛いから。
 口唇をしっかり閉じて鼻呼吸することが、歯周疾患、歯列不全、アレルギー疾患の改善を手助けする。

あいうべ体操
mirai-iryou.com/mc_aiube.html
ポカン口が増えています
kojima-dental-office.net/20081120-232
T4Kによる形態や機能の改善症例
kojima-dental-office.net/20090616-197

口の機能のお手伝いの最新記事