Facebook 名誉院長ブログ

親子の歯周炎

2009年10月15日(木)


親子の歯周炎1 両親が重度の歯周炎のときは、子どもたちに感染している可能性が高いと考え、15,6才までに歯周検査と赤染めを勧めている。軽度なうちに発見し、早期にリスクを自覚し、悪くならないようにプラークコントロールなどを習慣化する。時期が少し遅れると進行した歯周病となることもある。子息の歯周炎も参考に。歯間部歯肉を自然な形に    kojima-dental-office.net/20090513-301

 

親子の歯周炎2 親子の歯周炎3

患者  39才女性
初診  平成4年12月22日
主訴  左下1番が痛い
現症    歯石が多量に沈着
    口臭あり
    歯間が離開し低位咬合
    歯の動揺
    歯槽骨の吸収が著しい
        プロービングデプスが5~8mm
現病歴 歯が動揺すると抜歯していた
家族歴 子息も重度歯周炎

経過  12/22 歯周病についてお話しする
    12/30 赤染めによるブラッシング指導
平成5年1/21  歯肉が引き締まりきれいになり、出血も少なくなる
          3ヶ月かけてプラークコントロールの定着と
          全顎の歯石をきれいにする
親子の歯周炎4 親子の歯周炎5 親子の歯周炎6

親子の歯周炎7    5/6   歯間離開に対する床矯正を開始し、
          7月に抜歯、根分割やFOPを行い
          8月にブリッジを装着する 

 

    12/15 1年後の定期健診
親子の歯周炎8 親子の歯周炎9 親子の歯周炎10

平成12年5/27 7年6ヶ月後の定期健診

親子の歯周炎11 親子の歯周炎12 親子の歯周炎13

家族と歯肉の最新記事