Facebook 名誉院長ブログ

歯周炎による歯間離開を改善

2008年12月23日(火)


参考に
 歯周炎による上顎前歯の唇側傾斜
kojima-dental-office.net/19890603-3380#more-3380

症例1
4.3.31.A 4.3.31.B

患者 50歳 女性
初診 1992年3月28日
主訴 右側上顎1番の唇側転位
現症 右側上顎1番と2番に歯間離開
   上顎前歯口蓋側歯肉が発赤腫脹(唇側は綺麗)
   上顎前歯口蓋側歯根露出、歯石
   上顎の歯列弓が小さく交叉咬合
   左顎関節が小さい
診断 成人性歯周炎

治療計画
   プラークコントロールの定着
   上顎のフラップ手術
            床矯正
            定期検診

経過
平成4年
 3/28  口腔内の現状、原因、今後についてお話しする
       適応検査 上顎前歯口蓋側プロービング値が深い
       パノラマX線所見 上顎前歯と両側7番に骨吸収
 3/31  染め出しによるブラッシング指導
         プラークチャート 44%

    ブラッシング指導とスケーリング

 7/9   精密検査 治療計画を説明
 4.7.9.A 4.7.9.B

    8/18  上顎前歯のフラップ手術
4.8.18.A 4.8.18.B

 10/22 床矯正開始
4.10.22.A 4.10.22.B

 12/3  歯間離開かなり良くなる

4.12.3.A 4.12.3.B

平成5年
 2/25  右上1番抜髄
 4/6   1年後
       右上1番補綴

5.7.20.A 5.7.20.B

        定期検診

平成6年
 3/17 2年後
6.3.17.A2年 6.3.17.B2年

平成7年
 5/18 3年後
7.5.18.A3年 7.5.18.B3年

平成12年
 9/21 8年後

12.9.21.A 12.9.21.B

症例2
歯周治療001 歯周治療002

患者 43歳 女性
初診 1985年5月13日
主訴 上顎両側1番の動揺
現症 上顎前歯の唇側傾斜と歯間離開
   歯肉腫脹と排膿
診断 成人性歯周炎

経過 歯周検査、歯ブラシなどの練習、スケーリングを行い、
   2ヶ月後より床矯正を始め、3ヶ月後左上1番を抜歯する。
      5ヶ月後に上顎前歯にブリッジを装着する。
   その後5年間ブラッシング指導とクリーリングを続ける。

歯周治療003 歯周治療004 歯周治療005 歯周治療006 歯周治療007 歯周治療008

歯周治療の実際の最新記事