Facebook 名誉院長ブログ

歯周治療後の機能回復

2008年12月23日(火)


症例1
歯周治療009 歯周治療010 

患者 49歳 男性
初診 1986年4月4日
主訴 上顎前歯に歯を入れたい
現症 全額にわたり歯肉の発赤、腫脹が著しい
診断 成人性歯周炎

経過 歯周検査、歯ブラシなどの練習、スケーリングを行い、
      抜歯、歯周外科等の処置を行い、治療用義歯装着をし、
   5ヶ月後に上顎にブリッジを装着する。
      その後10年機能を維持し、
   現在も定期検診を続けている。

%e6%ad%af%e5%91%a8%e6%b2%bb%e7%99%82011 %e6%ad%af%e5%91%a8%e6%b2%bb%e7%99%82012 %e6%ad%af%e5%91%a8%e6%b2%bb%e7%99%82013 %e6%ad%af%e5%91%a8%e6%b2%bb%e7%99%82014 %e6%ad%af%e5%91%a8%e6%b2%bb%e7%99%82015

症例2
患者 46歳 男性
初診 1987年1月12日
主訴 歯が長くなってきた
現症 全額にわたり歯肉の発赤、腫脹が著しい
診断 成人性歯周炎

%e6%ad%af%e5%91%a8%e6%b2%bb%e7%99%82016 %e6%ad%af%e5%91%a8%e6%b2%bb%e7%99%82017

経過 歯周検査、歯ブラシなどの練習、スケーリングを行い、
      抜歯、歯周外科等の処置を行い、治療用装置を装着し、
      7ヶ月後にブリッジを装着する。
   その後18年機能を維持し、
   現在も定期検診を続けている。

%e6%ad%af%e5%91%a8%e6%b2%bb%e7%99%82018 %e6%ad%af%e5%91%a8%e6%b2%bb%e7%99%82019 %e6%ad%af%e5%91%a8%e6%b2%bb%e7%99%82020 %e6%ad%af%e5%91%a8%e6%b2%bb%e7%99%82021 %e6%ad%af%e5%91%a8%e6%b2%bb%e7%99%82022

歯周治療の実際の最新記事