Facebook 名誉院長ブログ

歯周炎の歯肉変化 1

2008年07月28日(月)


歯肉の変化1 歯周炎の原因は一定量以上の細菌繁殖です。診断は歯肉炎であり、出血しなくなったとき治癒とします。ブラッシングだけで歯肉が良くなっていきます。プラ-クコントロ-ルするかどうかは患者自身の選択です。当院ではハブラシを持ってくるかどうかで判断しています。
 この症例では、始めて来院した日に歯周病の病因について説明しました。翌日一生懸命ブラッシングしましたので、歯肉からの出血が見られます。担当歯科衛生士のアドバイスを聴き、ブラッシング技術を工夫し、よく噛む食事を心がけましたので、歯肉は少しずつ良くなっていきました。3ヶ月後に補綴物マージンの形態修正をしました。定期検診を続けていくことにより、健康な歯肉を維持しています。

症例
患者  54歳 女性
初診  1987年2月12日
主訴  2~2歯肉からの出血
診断  慢性歯周炎
現病歴 3ヶ月前から歯肉からの出血があり、触らないようにしていたら、歯肉が赤く腫れてきました。

経過
初診日  歯周病の原因説明
翌日   一生懸命にブラッシング                             1週間後
歯肉の変化2 歯肉の変化3

2週間後                                                                        3週間後
歯肉の変化4 歯肉の変化5

1ヶ月後                                                                          2ヶ月後
歯肉の変化6 歯肉の変化7

3ヶ月後 補綴物のマージンの形態修正                     4ヶ月後
歯肉の変化8 歯肉の変化9

5ヶ月後                                                                          8ヶ月後    
歯肉の変化10 歯肉の変化11

9ヶ月後                                                                          1年後
 歯肉の変化12 歯肉の変化13

1年3ヶ月後                                                                 1年6ヶ月後
歯肉の変化14 歯肉の変化15

2年後                                                                              3年後
歯肉の変化16 歯肉の変化17

4年後

歯肉の変化18

歯肉の変化の最新記事